びっくり

ブロッコリーの茎にある謎の穴について、農家が呼びかけたことが話題に!

日々の献立を考える時に重宝されるブロッコリー。

つぼみの部分はもちろん、茎などもおいしく食べられるのが嬉しいところ。

しかしブロッコリーを購入して調理する時に、茎に空洞があって不安になってしまうことはありませんか?

この空洞の正体について、有限会社安井ファームのTwitterアカウント(@yasuifarm)が解説。

それによると、ブロッコリーは急激に成長すると茎の成長が追い付かなくなり、穴があくことがあるそうです。

病気などではなく、食べても問題ありません。

ただ、茎が多少茶色く変色している場合は、その部分だけ取り除いて食べることがおすすめされるとのこと。

茎に空洞のあるブロッコリーのことは、業界用語では『ホローステム』と呼ばれているそうです。

業者の中には、売り場でホローステムを発見した時に「ホローステムだ!」と心の中で叫び、少しテンションが上がるのだとか。

穴がある茎をも、これで安心してブロッコリーを食べることができると分かりましたね。

食材はなるべく無駄のないように消費したいもの。

穴のあるブロッコリーに出会った時には、今回ご紹介したことを思い出してみてくださいね。

引用元:Twitter

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法