びっくり

ジャニーズ事務所、アメリカの弁護士にも目をつけられてしまう・・・

ジャニーズ事務所の創業者であるジャニー喜多川氏(享年87)によるタレントへの性的加害問題が、海外でも話題になっています。

そんな中でアメリカの弁護士たちが関心を持ち、被害者たちと接触していることがわかりました。

国連の「ビジネスと人権」作業部会の専門家は、2023年8月4日の記者会見で

「同社の数百人のタレントが性的搾取と虐待に巻き込まれているという深刻な疑惑が浮上している」

と指摘。

さらに、

「会社が何の対策も取っていないことは、政府が主要な責任を負う主体として、実行者に対する透明な捜査を確保し、謝罪や金銭的な補償など、被害者の助けとなる具体的な措置を取る必要性を物語っている」

と述べました。国連の関与により、世界中がこの問題に注目。

ジャニーズ事務所は今月末か来月に会見を開く予定であり、その内容が注目されています。

アメリカの弁護士たちもこの問題に関心を持っています。アメリカでは、

「救急車の後を追いかけて病院に行き、患者に『訴えて損害賠償請求しましょう』と勧誘する弁護士」

という言葉がありますが、弁護士たちが被害者に接触することは珍しくありません。

今回のジャニー氏による性的加害問題にも、アメリカの弁護士たちが注目しています。

「すでに被害者と接触した弁護士もいるようです。国連の声明を受けて、この動きはますます活発化しそうです」

と芸能関係者は語っています。

ただし、アメリカの弁護士は基本的に日本で法廷に立つことや法律業務を行うことはできません。

それにもかかわらず、なぜ彼らが接触しているのでしょうか?

「ジャニー氏の被害は日本だけでないことが分かっています。アメリカ国内でハワイなどで被害を受けた人々もいます。彼らはアメリカで訴訟を起こす意図があるのかもしれません」

と同関係者は述べています。

アメリカのセクハラ訴訟では、日本では考えられないほどの巨額な賠償命令が出されることが多々あります。

そのため、弁護士たちはジャニー氏の被害者たちに接触しようとしているのです。

まずはジャニーズ事務所が被害者たちに対して謝罪することが最優先です。

金銭的な話はその後になりますが、今後の動向に注目が集まっています。

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法