びっくり

川崎市で謎の奇病が大流行してしまう・・・

お盆の時期には多くのクリニックが休診となりますが、川崎市の新百合ヶ丘総合病院では発熱外来の診療を続けており、数多くの患者が訪れています。

毎年8月のお盆には休診となるクリニックが多いですが、当病院では発熱やのどの痛みを訴える患者が次々と訪れています。

当院では発熱外来に1日当たり20人の予約枠を設けていますが、8月初めごろは1日10人ほどの受診者数でしたが、先週後半から急に増え始め、今週では1日40人を超える患者が訪れる日もあります。

厚生労働省のまとめによると、新型コロナウイルスの全国の感染状況では、1週間で1医療機関当たりの平均患者数が15.81人となっており、前の週とほぼ変わりませんでした。

しかし、当院では新型コロナの陽性率も上昇しています。

8月に受診した患者の約70%が陽性であり、3年前の11月以降で最も高い陽性率となっており、感染が広がっていることを実感しています。

さらに、救急外来で受け入れた患者の中にも新型コロナの感染が判明するケースが増えており、先月は陽性者が80人でしたが、8月16日までには既に63人の陽性者が確認されています。

例えば、17日には熱中症の疑いで搬送された女性が陽性と判明し、新型コロナの薬が処方されました。

新型コロナの感染疑いや発熱がある場合、救急を受診するかどうか迷うこともあるかもしれません。

新型コロナに関する相談先として、各都道府県が設ける電話相談窓口「受診・相談センター」があります。

発熱時に医療機関を受診するか迷ったり、自宅療養中に体調が急変した場合などは、原則的に24時間いつでも電話で相談することができます。

また、新百合ヶ丘総合病院の伊藤敏孝救急センター長によれば、発熱時に救急外来を受診してほしいケースとして、息苦しさや水分が摂れなくなる、体が動かせなくなるなどの症状を挙げています。

一方で、発熱がある場合でも、食欲があるし水分も摂れている場合は、慌てて救急受診する必要はなく、解熱剤などを服用し安静に過ごし、日中の診療時間に発熱外来やかかりつけ医を受診するよう呼びかけています。

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法