びっくり

ビートたけし「年金6万しかもらえなくて目眩でぶっ倒れたわ」

ビートたけし(76)は、11月19日に放送された『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、日本の年金制度について述べました。

たけしは、「オレ、国民年金って(通知書を)びーっとはがしてみたけど、1カ月に6万円だったもん。めまいがして倒れた。(会社員などが加入する)厚生年金とか、ないからね、結局」と告白。

しかしパトリック・ハーランから、

「多くの国民は、たけしさんに年金を給付する必要がないと思っている」とツッコミが入りました。

またたけしは「リタイア」について、

「欧米はとくに、いかに若くしてリタイアするかで仕事をして、あとは悠々自適で、ゴルフをやったりして、マイアミかなんかに住むのが夢だもんね」と指摘。

さらに、「オレはずっと言ってるのは、リタイアしたときには、なに(か新しいことを始めようと)したってどうせ(どうすればいいか)わからないんだから、現役のときに『辞めたら、これがやりたい』というのを早めに作っとかなきゃだめだよ」と話していました。

年金について語ったたけしに、ネット上では様々な声が上がっています。

・年金心配しなくても生活できる収入あるでしょうが

・どうせ年金給付されないんだから安楽死整備してくれ

・物価高に対して年金の額の価値ってめちゃくちゃ下がってる気がするし、それなら年金分をNISAとかで自分で入れられる制度を作って欲しいな

「11月12日放送の同番組において、たけしさんは岸田政権が『困窮世帯への7万円給付』『課税世帯への4万円減税』を提案したことについてコメントしました。

ナレーションが『国の経済対策によって私たちの生活は、より豊かになるのでしょうか』と問いかけた際、たけしさんは『(豊かに)なるわけがありません。4万円では足りない』と否定的な意見を述べました。

また、共演者の大竹まことさんも『私は現在、年金として6万5000円を受け取っていますが、それでは光熱費にも足りません。私たちが若い頃に支払った年金が、私たち自身のために使われていないのです』と不満を表明しました」(芸能ライター)

たけしさんが満足できる生活をするためには、後期高齢者になってもまだまだ働き続けなければならないということなのでしょうか?

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法