びっくり

日テレ幹部「24時間テレビの寄付金は後輩への奢りとパチスロに使いました」

日本テレビの系列局である「日本海テレビ」(鳥取市)の幹部社員が、チャリティー番組

「24時間テレビ」の寄付金など1118万2575円を横領したということが、28日明らかになりました。

この問題を受けて、同局は幹部社員を懲戒解雇することを決定。

横領を行なったのは元経営戦略局の局長で、会社の調査によれば「24時間テレビ」の寄付金から264万6020円を横領していたほか、会社の売上金853万6555円も自分のものにしていたことが判明しました。

日本海テレビは公式ホームページのトップ画面に、「弊社元幹部社員の不正について」というタイトルで声明を公表。

また、28日には鳥取警察署に被害届を提出。

声明の中で日本海テレビは、

「寄付金の横領は、一般の皆様からの善意を踏みにじって私腹を肥やす行為であり、断じて許すことはできません」と厳しく非難。

さらに、「私たちは皆様から預かった浄財を10年間も見過ごし、横領されていたことを申し訳なく思っています」と謝罪しました。

また日本海テレビは、「公共の電波を担う立場として、このような事態を引き起こしたことを心からお詫び申し上げます。再発を防止するために全力で取り組むことをお約束します」と述べています。

この重大なスキャンダルによって、24時間テレビの存在意義が問われています。ネット上では

「ひどい」「信じられない」といった声が広がっています。

この問題は今後、さらなる波紋を広げることが予想されます。

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法