びっくり

【創価学会】久本雅美、池田大作の葬儀で目撃された姿がヤバすぎる・・・

11月23日の昼ごろ、久本雅美(65)は都内の住宅街を沈痛な面持ちで歩いていました。

彼女は迎えの車に乗り込み、創価学会の東京戸田記念講堂へ向かいました。

「この日、11月15日に亡くなった創価学会名誉会長・池田大作氏の学会葬が行われました。会場では池田氏の生涯をたどる映像が流されました」と、全国紙社会部記者は語っています。

東京戸田記念講堂の収容人数は約4,000人。

会場には主に創価学会の「幹部クラス」に属する学会員が参列したそうです。

創価学会に詳しい、ジャーナリストの乙骨正生さんは次のように語ります。

「久本さんは、創価学会の『芸術部』の副部長を務めています。テレビタレントとして活躍する久本さんのことを、生前の池田名誉会長は高く評価していました」

久本さんは一時期好感度No.1のタレントとして君臨しましたが、20代の頃は仕事もなく、生活に苦しんでいました。

そんな時、友人に誘われて入会したのが創価学会でした。

入会後間もなく、テレビ番組『今夜は最高!』(日本テレビ系)のレギュラー出演が決まり、

「この信心はすごい!」と確信したと言います。

その後、久本にとって運命的な瞬間が訪れました。

1992年1月、創価学会の新春幹部会の席で漫才を披露したのです。

当時の様子を、創価学会のPRビデオ『すばらしきわが人生 Part2』の中でこう振り返っています。

「終わってホッとしていたら、池田先生に『おもしろかったね』と開口一番におっしゃっていただいたんです。うれしくて感動で涙が出て…。(略)信心してよかったな、先生と会えて本当によかったと思いました。そういう原点の日を先生に作っていただいて――」

この時、久本さんは「先生の弟子として恥ずかしくないように」という思いを新たにしたそうです。

1990年代中ごろからはレギュラー番組も増え、マチャミの愛称でお茶の間の人気を高めていきました。

同時に、創価学会が支持母体である公明党の選挙運動にも尽力してきました。

最近では旧統一教会の問題に端を発し、「宗教と献金」「政教分離」

といった議論が進んでいますが、創価学会もそうした指摘を受けた過去があります。

「久本さんの存在感は芸術部に所属する芸能人の中でもトップクラスです。彼女が創価学会のイメージアップに果たしてきた役割は非常に大きいでしょう」と、乙骨さんは語ります。

学会葬の翌日、久本さんは金曜レギュラーを務める『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演し、おなじみの明るい笑顔を見せました。

彼女の芸人人生は、心のよりどころとなった「先生に漫才を捧げたあの日」を胸に、これからも続いていくのです。

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法