びっくり

羽生結弦ママ、妻をガン無視で食事も作らせていなかった・・・

羽生結弦の結婚は、間違いなく国民の関心事だったでしょう。

しかし、結婚生活が短期間で終わったことについて、地方の新聞社がお相手の実名を報道したことが物議を醸しています。

羽生結弦はなぜ離婚を選んだのでしょうか。

離婚発表文では、元結婚相手のAさんを「お相手」と表現し、一度も「妻」と呼んでいません。

Aさんは羽生よりも8歳年上で、バイオリニストとして有名でした。

結婚後、羽生は宮城県仙台市に拠点を置いて暮らしていました。

羽生は昨春、仙台市内の高級マンションの最上階に隣り合った2つの部屋を購入。

羽生は、キャッシュで1億円を支払ってその部屋を購入。

1つの部屋には羽生の両親と姉が住んでいて、もう1つの部屋では羽生が新婚生活を始めたようです。

Aさんはそこで生活していました。

AさんはバイオリニストとしてCDを出し、有名アーティストと共演するなど、ステージで輝いていた有名人。

しかし結婚前に自身のSNSを削除し、表舞台から身を引いたことで、

「羽生結弦の妻」としての決意を示していました。

彼女は潜伏生活にも覚悟を持っていたはずです。

しかし、結婚生活には彼女にとって別の困難があったようです。

羽生は日本を代表するトップアスリート。

その知名度は計り知れません。

彼の才能を信じて、羽生の母親は犠牲を払いながら常に彼をサポートしてきました。

「スケート大会や合宿にはいつも母親が同行していました。彼が最高のパフォーマンスを発揮できたのは、家族、特に母親のサポートがあったからです」

と、フィギュアスケート関係者は語っています。

実は、フィギュアスケートを始めたのも母親の提案でした。

姉が先に始めていたこともあり、喘息を持っていた羽生のためにほこりの少ない屋内スポーツとしてフィギュアスケートを選びました。

「彼は食が細く、喘息もあったため、健康管理は食事から始めました。食材や味付けはすべて、母親が許可したもの以外は口にしませんでした。また、敏感な肌や動物アレルギーがあるため、身につけるものやクリームなども厳選していました」と、フィギュアスケート関係者は話します。

結婚したAさんは、羽生をサポートする役割を果たそうと意気込んでいました。

彼女も表舞台から身を引いたのです。

それにもかかわらず、「新婚生活」は予想とは全く異なるものでした。

「アスリートの体は繊細です。特に羽生さんのように神経を使った演技をする場合は、目にするもの、口にするもの、触れるもの全てに気を付けなければなりません。羽生さんの体のことを一番よく知っているのはお母さんです」と、スケート関係者は説明。

結婚後、Aさんに対して食事の献立や食材、味付けについての指示やアドバイスは一切ありませんでした。

隣の部屋に住んでいるにもかかわらず、以前の羽生さんをサポートするためのアドバイスもなく、完全に無視されていたそうです。

最近では、アスリートの妻が食事に関する資格を取得し、パフォーマンスを支えるケースがよく見られます。

「Aさんも、そういった妻の役割を果たすつもりだったかもしれません。しかし、実際には食事を含む体調管理を一切任せられませんでした。アスリートの生活は厳しいですが、それに関与することはできませんでした。さらに、深夜の練習には羽生さんの両親と姉だけが同伴し、自分には出番がありませんでした。 羽生さんとの生活リズムも異なりましたので、外出もできず、家での活動も一切ありませんでした。愛の巣もただの孤独な場所で、いつかは出て行かなければならない“追い出し部屋”のように感じていたのかもしれません」と、スケート関係者は説明します。

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法