びっくり

羽生結弦の元妻、実名報道OKだった!規制の背景に母親と姉の存在が・・・

プロフィギュアスケーターの羽生結弦(28)は、11月17日に突然離婚を発表しました。

結婚からわずか105日での離婚に、世間は驚きを隠せませんでした。

羽生は離婚の原因として、誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材と報道などを挙げました。

彼は自身のSNSで、「現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした」と述べました。

羽生さんは五輪で2連覇を果たし、国民栄誉賞も受賞しているため、これまで彼に対する批判はタブーとされてきました。

しかし今回の離婚をきっかけに、

「たった3カ月で別れた原因を他人のせいだけにするのは違うのではないか」という声が多く聞かれるようになりました。

結婚発表時に羽生さんは、妻である末延麻裕子さん(36)について全く明かさず、実名も公表しませんでした。

麻裕子さんの実名が初めて報じられたのは、9月19日に彼女の出身地である山口県の地元紙『日刊新周南』での報道でした。

報道規制が行われた背景には、羽生さんと常に行動を共にしてきた母親や広報を務める姉の存在があったと思われます。

山口県に所縁のあるジャーナリストによれば、『日刊新周南』は麻裕子さん本人から許可を得て実名を報じたそうです。

彼女自身は、メディアに報じられることを嫌がっていたわけではなかったようです。

しかし、麻裕子さんが姿を現さなかったのは、情報の制御を重視する

「チーム羽生家」の特殊な事情によるものかもしれません。

家族問題カウンセラーの山脇由貴子氏は、羽生さんのご家族は非常に結束力が強く、麻裕子さんがその輪に参加できなかったため離婚に至ったのではないかと考えています。

一方、コラムニストの辛酸なめ子氏は、羽生さんを応援しているとしながらも、麻裕子さんを奥ゆかしい女性と評価。

一般的には国民的なスターと付き合える機会があれば、浮かれてしまいSNSなどで自慢することが多いですが、彼女は結婚前からそういった行動を取りませんでした。

結婚後も羽生さんの指示に従い、表には出ず、離婚に関してもコメントを発しませんでした。

それでも麻裕子さんですら羽生さんの妻にはなり得なかったわけですが、どのような女性ならば彼にとってふさわしいのでしょうか。

辛酸なめ子氏は、イギリスのヘンリー王子と結婚したメーガン妃のように、王子様的な男性に相応しいのは自己主張の強い女性であると述べています。

羽生家では夫を洗脳し、他の家族との縁を断ち切るほどの個性を持っていなければならないのかもしれません。

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法