びっくり

京アニの社員「青葉真司の小説なんて誰も読んでないし名前が出たこともない」

令和元年7月の京都アニメーション放火殺人事件で、36人が亡くなり、32人が重傷を負ってしまいました。

この事件に関与したとされる青葉真司被告(45)の裁判員裁判の第20回公判が、4日に京都地裁で行われました。

この公判では被告の処罰感情についての立証が続いたのですが、被告が盗作を主張する作品に関する打ち合わせに参加した男性社員は、

「あなたの名前は一度も出てきたことがない」と述べ、盗作の事実を否定。

この日は、初めて負傷者も意見陳述。

男性社員は自身が被告の犯行を目撃し、やけどを負ったことから今でも罪悪感に苦しんでいると証言。

また、治療に2年以上を要した女性社員は法廷で「作品を作ることが被告への復讐だ」と述べました。

遺族も意見陳述し、24歳の娘を亡くした父親は被告に対して厳しい判決を望んでいました。

被告は法廷で表情を崩すことなく、静かに聞いていました。

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法