びっくり

性被害者に「二次加害」した旧男闘呼組が『紅白歌合戦』に出場でNHKに怒りの声殺到!

4人組バンド「男闘呼組」のメンバーを中心に結成された「Rockon Social Club(RSC)」が、大みそかの『紅白歌合戦』(NHK)に出場することが5日明らかになりました。

RSCのメンバーは、前田耕陽さん、岡本健一さん、高橋和也さん、成田昭次さんという元男闘呼組のメンバーと、青山英樹さん、寺岡呼人さんで構成。

岡本健一さんが旧ジャニーズ事務所(現・SMILE-UP.)とエージェント契約を結んでいることが障害となっていましたが、同日に契約を解除したことを発表。

これにより、NHKとしても自信を持ってRSCの出場を認めることができる状況になりました。

ただし、岡本さんは一時的にフリーになりますが、SMILE-UP.が設立する新しいエージェント会社と契約する予定。

このような形式が、性加害問題との決別と言えるのでしょうか。

また、高橋和也さんは今年5月に愛知で開催された「男闘呼組 2023 THE LAST LIVE」のステージ上で

「現在のジャニーズ事務所は厳しい状況にあるが、私たちは昔ジャニーズだったことを誇りに思っています。私たちに『男闘呼組』という名前を与えてくれたのもジャニーズです。多くの人々がさまざまなことを言っていますが、それが傷ついている人々にとっても大きな影響を与えています。私たちはこれからもジャニーズを応援し、皆さんにも応援していただきたいと思います。」と述べました。

これは、性被害を告発する元ジャニーズJr.や元所属タレントに対して

「余計なことを言うな」「黙ってろ」と言うのと同じく、二次的な加害をもたらす発言でした。

そして、RSCが紅白出場にふさわしい実績や人気を示しているのかという点にも疑問の声が多く上がっています。

そのため今回のRSCの出場決定に対しては、

「NHKは、旧ジャニーズとの契約さえなければ、誰でも出場させるとアピールしたかったのでしょう」

「性加害問題の根本的な問題をどのようにとらえているかは、NHKにとってどうでもいいようです」

といった怒りの声が多く寄せられています。

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法