びっくり

ナイフちらつかせた女子生徒に男子生徒「やれるもんならやってみろ」→首を切られる・・・

12月4日、愛知県半田市の中学校で、授業中に2年生の男子生徒が首をナイフで切りつけられるという事件が発生。

逮捕された女子生徒は、自分が殺意を持って切りつけたと供述しています。

事件当時の状況によると、女子生徒は他に2本の折り畳み式ナイフと鋭利な針も所持していたと報じられています。

事件は半田市内の中学校で起きました。

中学2年の女子生徒(14)が同級生の男子(13)をナイフで切りつけ、男子生徒は首の後ろを切られて軽傷を負いました。

女子生徒は殺人未遂の現行犯で逮捕され、容疑を認めています。

取材によると、事件当時の状況が明らかになりました。

事件は国語の授業が始まってから約20分後に起きました。

女子生徒は隣の席に座っていた男子生徒に対し、ナイフをちらつかせたといいます。

「やれるもんならやってみろ」

男子生徒がそう言うと、生徒は先生に制止されるまで、男子生徒の衣服を掴んで首の後ろを切りつけました。

事件当日、女子生徒は学校に3本のナイフを持ち込んでいました。

使用されたナイフは6cmほどの折り畳み式の多機能ナイフでしたが、警察の取材によると女子生徒は他に2本の折り畳み式ナイフと鋭い畳針のような針を1本もっていたことがわかりました。

なぜ複数のナイフが教室に持ち込まれてしまったのでしょうか?

Q.持ち物検査は定期的に行っていますか?

半田市教育委員会の教育部長:
あまり持ち物検査というのはやっていないと認識しております

Q.あまりとは?

半田市教育委員会の教育部長:
正確なところは把握できておりませんので、ちょっと曖昧な表現をさせていただきました

教育委員会は、持ち物検査などの対応はそれぞれの学校の判断に任せていると説明。

事件があった学校は5日夜、緊急の保護者説明会を開く予定です。

強い殺意をうかがわせる女子生徒の犯行について、警察は動機など含めて慎重に調べているようです。

日本人の9割が知らない!毎日の1分習慣でスマホ代が無料になる驚きの方法