赤ちゃん

ちょっと目を離した隙に赤ちゃんが3匹のワンちゃんと楽しそうに遊んでいた!

赤ちゃんと愛犬

 歩き始めたくらいの子どもはどこで何をするか分からないので、長い時間目を離すことができません。今回ご紹介した動画を撮影したお母さんは、1分ほど目を離していた後に子供の思わぬ姿を見つけ、急いで撮影したのだそうです。

 子供のかわいくて楽しそうな姿を、無事に逃すことなくカメラに収めることができました。子供は、3匹のボクサーと遊んでいました。

 自分よりも大きなワンちゃんたちに囲まれても怖がっていません。それどころか、ボクサー犬たちを翻弄して嬉しそうに笑っています。



動画はこちら!

 子供と3匹のボクサー犬が床を見つめています。子供がおじきをすると同時にボクサー犬たちが揃った動きをするので、生き物ではなさそうです。

 子供はとにかく嬉しそうに笑っていて、ボクサーたちは戸惑っているようです。どうやら、子供が持っているレーザーポインターで床を照らしていたようです。

 ポツッと現れる光を、ボクサー犬たちは追っていたわけです。子供は、自分がボクサー犬たちを動かしていることを面白がっているのかもしれません。

 笑い声も、ちょっとイタズラっぽい感じがします。強面で巨体のボクサー犬たちが、生後20ヶ月の子供に翻弄されている動画でした。