泣ける

14歳の時からたった1人で弟を育て上げた成宮寛貴!母の死を乗り越えた深い兄弟愛・・・

その演技力の高さから、数多くのドラマに出演していた元俳優の成宮寛貴さん。

そんな成宮さんの突然の引退報道は、まだ記憶に新しいかと思います。

そんな成宮さんが俳優としてあれほどまでにに有名になった裏には、大変な苦労があったそうです。

母子家庭、そして母の死…

成宮寛貴さんは幼い頃、6歳年下の弟と母子家庭で育ちました。

しかし成宮さんが14歳の時、母親が若くしてこの世を去ってしまいます。

生活のために成宮さんは引越しのアルバイトを始め、

同年代の人たちが学校で過ごしていたであろう青春時代は全て仕事に捧げていたそうです。

narimiya1

そして昼夜問わず働いていた大変な時でも、弟のためのお弁当作りは欠かさなかったとのこと。

成宮さんが俳優業を始めたきっかけも、弟のためでした。

弟を進学させるため、より多くのお金を稼ぐ必要があった成宮さんは、

「中卒の自分ができる仕事」と考えた末に俳優の道を志すようにしたと言います。

自身が中卒だったということで、学歴の大切さが骨身に沁みていたという成宮さん。

narimiya2

俳優として成功を収め、働いたお金で弟を進学させた際は、より良い大学へと進学してもらうために

「一年浪人して有名な大学に進学してくれ」と頼んだこともあったそうです。

そして成宮さんの弟は無事に大学に進学して卒業し、就職もして今は結婚しているとのこと。

自らの青春を弟のために捧げ、親の代わりに弟を立派に育て上げた成宮さん。

その後、成宮さんには弟から感謝の手紙が送られてきたのです。



弟からの感謝の手紙

そんな成宮さんに、ある番組内で弟さんから感謝の手紙が送られてきました。

その手紙にはこう記されていました。(全文出典:YouTube)

narimiya3

兄へ

幼少の頃は母が出張で、留守にしがちでよく二人で留守番をしていましたね。

イタズラ好きな兄は、寂しくないようにと私をからかい泣かしていました。 お蔭で泣かされていた記憶が多いです。

母が亡くなった葬儀の時は、泣いてばかりの私に「最後ぐらい我慢しろ。お母さん心配で休めないぞ。これからは二人で頑張ろう」と涙をため、手を強く握りながら言っていたのを今でも強く覚えています。

二人で生活を始めてからは、家にも帰れないような忙しさの中でも「人気商売だからここで頑張らないと」と台本を片手に家を出ていく姿は本当にかっこよかったです。

当時、まだ二十歳ぐらいだったにも関わらず、兄は私に父のように、母のように厳しく、優しく、接してくれました。

そのお蔭で私は進んでこれたのだと思います。

兄が当たり前のように自分の青春に変えてまで、弟を育ててくれたことに感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました。

これからもお身体に気をつけて頑張ってください。

弟より・・・

narimiya4

弟のために青春を捧げてきた成宮さん。

母の死を乗り越えて育まれた深い兄弟愛に、本当に感動しました。

これからの成宮さんの活躍と、弟さんと共に幸せになることを心から願います。