びっくり

イチローの偉大な記録の陰に入団2年目でボスママになった弓子夫人の存在あり!

イチロー選手を知らないという日本人はいないと言っても過言ではないでしょう。

2016年6月16日には日米通算4257安打を達成し、

歴代最多安打記録を更新したイチロー選手。

一体、何が彼をそこまでの記録を達成せしめたのでしょうか?

要因の一つとして、弓子夫人の存在も大きいと思います。

そんな弓子夫人は、いったいどんな人なのでしょうか?

料理のこだわり

弓子夫人は元アナウンサーで、イチロー選手より8歳年上の方です。

弓子夫人は、いつもイチロー選手がベストな状態で試合に行けるようにと、

練習時間や試合の開始時間から逆算して食事準備をしているそうです。

そんな弓子夫人の料理は、

「この料理こそがイチロー選手の記録を作った」と言われるほどのこだわりがあります。

料理に使う食材を、

すべて全米各地から取り寄せることからもそのこだわりの強さが伺えます。

たとえば、水はシアトルのものしか使いません。

パンに関してはアリゾナ州ピオリアのベーカリーから冷凍して送ってもらい、

野菜も米国南部の専業農家と直接取引するほどです。



料理会

さらに、

メジャーリーガーたちの妻たちが球団毎に集う「夫人会」というものがあるのですが、

弓子夫人はマーリンズの夫人会でもとても人気です。

入団2年目にして、既に”ボスママ”のような存在です。

マーリンズの選手は多くが若いのでその妻たちも若く、20代が中心です。

そんな中で弓子夫人は14年も夫人会で活躍していたので、

多くの方から相談を受けるボスママ的存在になっています。

また夫人会のメンバーの強い要望で、弓子夫人の料理教室が開催されるそうです。

やはり他の夫人会のメンバーの方々も、弓子夫人の料理に対して関心が高いようです。

イチローの資産

さらに弓子夫人は、『eN Salon』というエステサロンのオーナーを務め、

イチロー選手が稼いだ資産を今も増やし続けているそうです。

イチロー選手は生涯で300億を稼いだと言われています。

弓子夫人はそれを元手に、

ニューヨークやロスなどの不動産を購入して着実に資産を増やしているそうです。

驚異的な記録を打ち立てたイチロー選手の陰には、弓子夫人の存在があったのですね。

料理や投資まで出来る奥様に、イチロー選手も助けられているのではないでしょうか?

弓子夫人はこれからも、イチロー選手の支えになることでしょう。