おもしろ

ツッコまずにはいられないパパの子守り18選(笑)

ママは毎日とても忙しい思いをしています。

料理をして洗濯して掃除して…。

自分の時間を削ってお家の家事をこなしてくれます。

さらに、子供の面倒まで見なければいけません。

しかしママも人間。

どこかで無理が生じてしまいます。

そうならないように、

パパに子守りをお願いすることもあるでしょう。

しかしひとたびパパが子守りをしだすと、

どうしてこんなことになってしまうのか…?

思わずため息が出てしまうような、

ナゾ出来事18選をご紹介いたします!

ただ面倒を見ればいいはずなのに…

1、キウイが2つ!?

komori

どうして子守りをしたら、

キウイが2つ出てきてしまったのでしょうか?

確かによく似ているといえば似ていますが…。

2、ワイルド赤ちゃん

komori1

何年か前に流行った、

「ワイルドスギちゃん」ならぬワイルド赤ちゃん?

まだこんな立派なヒゲが生える年齢ではないはずなのに…。

3、学校の準備

komori2

ただ学校の準備をさせるようにお願いしただけなのですが…。

まだまだママを悩ますナゾ出来事は続きます。

想像していた子守りじゃない!

4、問題解決!?

komori3

どうやら落ち着きがない様子だった赤ちゃん。

ならば動かないようにこうしてしまえば大丈夫?

う〜ん、そういうことではないと思うのですが…。

5、泡の使い方

komori4

パパにお風呂に入れさせるようお願いしました。

そうすると、泡はこんな風におしゃれな髪型やヒゲに、

あっという間に大変身してしまいます。

6、眠たい時は…

komori5

眠くなってしまった生後3日の赤ちゃん。

この赤ちゃんのベストな寝方は、

「パパの腕でぐったりと」のようです。

2時間経過して、

ベッドにされたパパもお腹が空いてしまったようです。

赤ちゃんがプリンを置くテーブルに!?

7、ただ預けただけなのに…

komori6

別にママは、難しいことはそう要求しません。

ただ面倒を見て欲しくて預けただけなのです。

なのに10分経つと、こんなことに…。

8、楽しい父の日

komori7

毎日お仕事を頑張ってくれているパパに感謝の気持を伝える「父の日」。

しかし子供がいると、父の日はこんな楽しい(?)事態に陥ってしまいます。



パパはアイディアマン!?

パパは、時として驚くようなアイディアを思いつきます。

でも、「コレジャナイ感」を感じるのはどうしてでしょう…?

9、子供たちはベッドへ…ならば!

komori8

ママはよくこんなことを言っていました。

「子供たちはベッドにいなきゃ!」

ということで、パパが考えついたアイディアでした。

10、ナイス…アイディア?

komori9

赤ちゃんは少しでも目を離すと、

思いも寄らぬところへ行ってしまいます。

ならばということで、パパが思いついた名案。

コレジャナイ感が・・・

11、パパの背中

komori10

よく、「子供は親の背中を見て育つ」などと言いますよね。

背中とは後ろ姿のこと。

この子供も、パパのこんな背中を見て育っていくのでしょうか…。

12、子守り&雪かき

komori11

地域によっては子守りをしつつ、

雪かきもしなければならないことがあるあもしれません。

そんな時は、こうすれば解決するでしょう(?)。

13、同時処理

komori12

パパにだってどうしてもやりたいことがあります。

子育てしながらでも、ゲームがしたいのです。

そんな時はこうすれば、あっという間にマルチタスクの出来上がり!

子育てにアクセント

14、新社会人!?

komori13

パパからママへ、こんな写真が送られてきました。

目がキリッとした新社会人です。

子守りがこんなことになるとは…。

15、息子が帰りたがらないので…

komori14

スーパーなどで、駄々をこねて親について行きたがらない子供をよく見かけますよね。

そんな時、このパパはこうして連れて行くようです。

ナイス…、アイディア?

16、スイカといえば・・・

komori15

スイカといえば、

やはりこれはやりたくなってしまうものなのでしょう。

スイ仮面?

17、バタンキュー

komori16

仕事に疲れ、さらに子守りにも振り回されたパパはバタンキュー。

今日も1日お疲れ様でした。

18、いたずらがハイレベルすぎぃ!

komori17

赤ちゃんが寝静まった間に、イタズラを企てたパパ。

それがあまりにもハイレベルすぎる状態に!

確かにすごいのですが…。

以上、

「パパに子りをお願いした結果起きたナゾ出来事18選」でした。

いかがでしたか?

パパの子守りはなかなか真面目に行くわけではなさそうですが、

ママの皆様は温かい目で見守ってみてくださいね。