泣ける

助かる確率わずか1%の難病に侵された神木隆之介と母の壮絶な過去😭

神木隆之介

1993年5月19日生まれ。

わずか二歳で芸能界入りし、一躍トップ子役に。

2001年には『千と千尋の神隠し』の『坊』役で声優デビュー。

2005年には映画『妖怪大戦争』で主演を演じるなどの演技力、

そして、中世的で美しい顔立ちから今後も俳優として、

男性としての成長が楽しみな人気俳優の神木隆之介さん。

soujirou1

神木さんの魅力はそのスター性だけではなく、

アニメや漫画などに造詣が深く、庶民的な一面もあるところです。

まさに順風満帆に思えるその人生ですが、

生存率わずか1%という難病をもって生まれたことを明かしています。

soujirou2

生後すぐ、感染症にかかり危篤状態が二カ月も続いたといいます。

生存率は1%。

それでも神木さんのお母さんは、諦めませんでした。

soujirou4

「隆之介を助けてください」と神様に祈り続け、

なんとか生き延びた隆之介君に、お母さんはある決意をします。



生きている証

難病で生存が危ぶまれた神木さん。

お母さんは「生きている証を残したい」という決意で、

2歳の神木さんを子役デビューさせました。

そこから、神木さんはお母さんの決意にこたえるように、

子役として頭角を現します。

soujirou3

美しく育った神木さんの座右の銘は、

「常に感謝、謙虚でいること」だそうです。

幼い頃の難病を乗り越え、

神様と世の中に誰よりも感謝している母を持つからこそ、

心からそう思えるのかもしれません。

難病を乗り越え、女の子のような美しい幼少時から、

たくましい青年になっていく神木さんから、これかも目が離せません!