びっくり

世界の北野武が30年以上も実践している、幸運を呼び込む方法とは!?

幸運の神を味方につけた男

これからご紹介するのは、

ある有名人が以前テレビ番組にて語っていた話です。

自分はくだらない番組をやっても視聴率が上がる。

自分では面白いと思わないのに小説を書くと売れる。

絵を描いても良い絵だと評価されて美術館だとかに収蔵されたりする。

映画も自分の楽しみの一つとして創っていたら入賞してしまったりグランプリに選ばれたりする。

自分としては好き勝手やっているだけで人よりも才能があるとは思えない。

でも、何をやっても全部評価されてします。

「おかしい」

よく考えてみても自分の才能でそれらをやれるわけがない。

ただ、心当たりはたった一つだけある。

これ程までに多方面で活躍されていて、

更には大きな評価をされている日本の有名人といえば、

「世界のキタノ」こと、北野 武(ビートたけし)さんです。

たけしさんが日本だけにとどまらず、

海外でも多大な評価をされている事はあまりにも有名ですね。

そのたけしさんが、

30年以上もの間続けているといるという「あること」とは!?



幸運を呼び込む方法

今から6年ほど前、『トイレの神様』という曲がヒットしましたね。

歌っていたのは植村花菜さん。

おばあさんとの思い出を歌った曲で、

タイトルと歌詞にインパクトがありましたね。

たけしさんが30年以上続けてきた事というのは、

この「トイレ掃除」なのです!

若いころ、師匠に『トイレをきれいに掃除しろ』と言われてから30年以上ずっとトイレ掃除をやり続けてきた。

ロケに行ったときなどは公園のトイレがグチャグチャでも自分が使ったあとは必ずきれいにするようにしている。 時には隣のトイレまできれいにして出てくることもある。

もちろん掃除用具を持って歩いているわけではないので、トイレットペーパーを使ってとかあるいはトイレットペーパーがないトイレでは、素手でもやる。

まさかこれほど有名な方が、

公園などの公共施設のトイレに入る事ですら驚きだというのに、

しかも掃除までしてるとは…。

トイレの神様

たけしさんが才能に溢れた方である事は、間違いないでしょう。

しかし、世の中には才能があっても評価されない、

そのチャンスが訪れないといった方も多くいらっしゃると思います。

才能だけではなく、運も味方につけなければいけないのです!

その運を味方につけ、世界にその名を轟かせたビートたけしさんが、

自らの口でこのように語っているのですから、とても説得力がありますね!

「トイレ掃除」をして成功した方の中には、

大手企業の社長や人気芸能人など数多く存在するそうです。

「人に知られたくて」とか「人に褒められたくて」とかではなく、

トイレに神様がいる事を信じキレイにする事を当然の事として

「トイレ掃除」をしている方には、

「トイレの神様」が微笑んでるくれているのかもしれません。