わんちゃん

生後4週間であるビーグルの子犬が、大きなスリッパを運ぶ目的とは…?

スリッパ運び

 ワンちゃんは犬用ガム、棒切れ、ボール、ぬいぐるみ、タオルなどなどいろんな物を噛みますよね。特に、靴を噛むのが好きなイメージがあります。

 ワンちゃんを飼っていると、靴をガジガジやられてしまった経験があるでしょう。室内なら、スリッパもワンちゃんの対象物になりやすいアイテムです。

 今回ご紹介するワンちゃんも、スリッパが大好きなようです。中にスッポリ入れそうなくらい大きなスリッパではなく、まだ体の小さな子犬が一生懸命にスリッパを咥えて運ぼうとしています。今回の動画は子犬の姿も愛らしいのですが、結末にきっと驚くことでしょう。



お気に入り集め

 生後4週間のビーグル犬が、低い段差に悪戦苦闘しています。まだ小さいから登れないのかと思ったのですが、それだけではなかったのです。

 自分よりも大きなスリッパを咥えながら登ろうとしていたようですね。何度か挑戦しますが、やはり登れません。見かねた飼い主さんが、スリッパを段差の上に運びました。

 ビーグルは「ありがとう」と言っているのか「自分も~」とお願いしているのか、飼い主さんにスリスリ。そして、自分も持ち上げてもらいます。

 またスリッパを咥えて行き着いた先には、たくさんの履物が・・・。こんなにコレクションがあったのですね。「これ取っちゃダメだからね」という目をして、スリッパをコレクションに加えたのでした。