泣ける

人前で息子をビンタした母親に見知らぬおばあさんが浴びせた一言が泣ける!

息子をビンタ

ショッピングモールで赤ちゃんと5歳の男の子を連れたお母さん。

男の子はぐずっていてお母さんは物凄い剣幕で叱りますが、

男の子はモール中に響き渡るほどの大泣きで全く動こうとしません。

とうとうお母さんは堪忍袋の尾が切れ、

「いいかげんにして!」と男の子のほっぺたを平手打ちしてしまいます。

その様子を見ていた周囲の人々からヒソヒソと、

「虐待じゃないの?」「通報する?」という声が上がりました。

そこへ1人のおばあさんがやってきて、

「お母さん、大変だね」と声を掛けました。

この見知らぬおばあさんの言葉で、お母さんは泣き崩れてしまいます。



おばあさんの言葉

おばあさんは続けて、

「お母さんも本当に大変ね。赤ちゃんが生まれてから、ちゃんと寝てないんでしょう?それはイライラもするわよね。」と言いました。

さらに男の子にも、

「ぼくも頑張ったねぇ。よく泣いたね、偉い偉い!赤ちゃんが生まれてから、お兄ちゃんだから我慢しなさいって言われて、ずっと頑張ってきたのよね。」

と声を掛けました。

おばあさんは続けます。

「お母さんもぼくも、ふたりとも偉い偉い!」

そう言って男の子とお母さんの頭を撫で、

その場を去って行きました。

お母さんは男の子をぎゅっと抱きしめて、

ショッピングモールの通路の真ん中で、

その子以上に泣き崩れてしまいました。

わんわんと泣いているお母さんに、

誰かがそっとティッシュを差し出しました。

皆さんはこういう時、お母さんに声を掛けたり、

ティッシュを差し出すことができますか?

私たちはとかくその時の状況だけで、

「子供を殴るなんてひどい親だ」と判断してしまいがちです。

最近では世間で虐待などが騒がれていることもありますし、

尚更そうなのだと思います。

今回ご紹介するエピソードから、

私たちはどう考え行動すれば良いのでしょうか?

母親ならではの経験

赤ちゃんが生まれ、

やっとのことで買い物に来たら上の子がぐずってしまい、

一刻も早く帰りたいという気持ちと人前で騒がれる恥ずかしさで、

思わずイラっとして怒鳴ってしまう。

挙句の果てに、酷い親だと責められてしまう。

お母さんはきっと泣きたかったでしょう。

きっと今回のお母さんのように、

泣けないお母さんもたくさんいると思います。

普通は、見知らぬ他人の家庭の事情は、

放っておくしかないと思ってしまいますよね。

頼まれたわけでもないですし余計なお世話だろうな、

と考えてしまいます。

ですが、このおばあさんはそんなことを考えませんでした。

おばあさんは、

さらっと他人のはずのお母さんに力を貸していました。

他人の家の事だけれど私たちの前で起きることは、

すべて私たちにとって必要なことです。

時と場合にもよりますが他人に流されず自分で判断して、

目の前で困っている人を助けられるようになりたいものですね。