わんちゃん

寂しそうな顔をしたピットブルがあっという間に懐く、珍しくも嬉しい保護活動の様子!

珍しい保護現場

 野良として生まれた、あるいは野犬になった犬は、悪いことをしていなくても人間から疎ましがられたり、ひどい仕打ちをされたりといった経験があるのだと思います。そんな過酷な状況の中で生き抜いていくためにも、狂暴になったり警戒したりするのも当然のことでしょう。

 ですが、今回ご紹介する動画に登場するワンちゃんは最初からとても温和でした。しかも「闘犬」として知られているピットブルという犬種です。

 飼われていても危険な犬と認知される場合もある、うかつには近寄れない犬種のはずなのですが…。アメリカの動物保護団体がピットブルを保護する際の映像。

 こんな保護のしかたはちょっと珍しいようです。珍しく、しかし嬉しくも感じる保護活動の様子を、動画にてご覧ください。



人間大好き

 保護団体の車に近づいてきたピットブルは、柔和な表情をしています。まずは食べ物を投げて引き付けますが食べ物に釣られない犬もいる中、ピットブルは尻尾を振りながらトコトコと寄っていき、スタッフの手からも食べます。

 撫でても平気ですから、リードも簡単に付けられました。車にも素直に乗り込み、なんとスタッフの膝の上でくつろいでいます。驚くことに、ペロペロとスタッフの顔まで舐めています。

 まるで何年も一緒にいる家族のような、穏やかで楽しそうな雰囲気です。最近まで、誰かに飼われていたに違いありません。

 施設でも広い敷地を嬉しそうに走り回ったり、お腹を撫でられ気持ちよさそうにしたりと、怖いピットブルのイメージも野良犬だった面影もありません。こんな愛らしくて強い犬ならすぐに家族が見つかり、幸せに過ごせることでしょう。

【こちらもオススメ!】

さとう珠緒、現在もなぜか美人のまんま。意外と知られていない秘密の「若返り法」が話題に!

違法サイトを使わずに、ドラマ・アニメ・映画を完全無料で楽しむ方法がすごい!

外から帰ってきたら自分で足を拭く賢くてありがたいワンちゃん!

お母さんに倣って一生懸命に遠吠えの練習をするハスキーの子犬たちが可愛すぎる!