びっくり

銀座のクラブママが説く、20〜30代のうちにやっておく事とは?

華やかな銀座の街。

夜の社交場で有名ですが、

新しいお店を開店しても多くは半年で姿を消すそうです。

そんな激戦区で20年もの間、

銀座でクラブ経営をされている白坂亜紀さんという方がいらっしゃいます。

ginza1

白坂さんは早稲田大学第一文学部在学中に、

日本橋のクラブでアルバイトをしていたそうです。

そして2年後にはママに昇格!

1996年、クラブ「稲葉」を銀座5丁目に開店し、

現在は4店舗のお店を経営している方です。

そんな白坂さんから、

「粋な大人になるためにやっておくべき事」を学びましょう。

いい大人になるには?

・恐れずたくさん恋愛をすること、恋愛は命の源です。

・人の心をつかむ意味は恋愛もビジネスも同じです。

・人と本気で向き合う経験を重ねれば、自然にコミュニケーション能力がつきます。

・お客様でも出来る人は気配り上手、接待の前に情報をくださる。

『たくさん恋愛してください』

・今の子に足りないのは、相手の心を想像、思いやる力だと思います。

・「グーグル先生」に聞いているから、コミュニケーション能力がないと思います。

・体験談を聞くなら生身の人間にかないません。どんどん目上の人に本気でぶつかって、懐に入るべきです。

・怒られるのを怖がらず、叱られればいいんです。そして、きちんと謝ること。

・このような経験は若いうちにしか出来ませんよ。

『叱られればいいんです。そして、謝るの』



ママになる前の経験

・お会いするのは背伸びをしてもとどかない、政界のトップの方々です。そんな時は、相手の懐に飛び込み「教えてください」とお願いするんです。

・今まで出会った方々に、宝物のような言葉をいだだきました。

「周りは先輩。ありがとうってニコニコしていればいいんだよ」(ユニチカの元社長アドバイス)

「今のホステスはただきれいなだけで勉強していない。大学出のママが増えて、知的なホステスが多い銀座に戻してほしいな」(ヤマト運輸の小倉昌男元会長の励まし)

・トップの人間は誰に対しても態度をかえず、礼儀正しい人ばかりです。

『いい男はいつだって自然体』

・人の心を感じるために場数を踏んで、経験をつみました。

・どんなに辛くてもお店に出続けることによって、相手の気持ちが読めるようになりました。

・今でも朝起きてから前夜のお客様に、お礼のメールや手紙を3、4時間かけて書きます。

・新聞・テレビなどで新しい情報を入れるようにしています。

・常に自分を磨くこと、それでなければ一流の男性には近づけません。

『毎朝、お礼のメールや手紙に3、4時間』

若者にエール

・人事や仕事内容が入社前の予想に反していても、その中でやるべきことを見つけてほしい。

・ある方の例

「僕は移った先の会社に骨を埋めるまで頑張るよ」

と化学品メーカーで社長レースに敗れ、地方の子会社に出向した方のお話です。

この方は後に、新社長になりました。

そんな復活劇をお店ではよく目の当たりにします。

『腐ってはだめ』

いかがでしたか?

ママの磨かれた精神を聞いただけで、粋になった気持ちがします。

良い勉強になったのではないでしょうか。

それにしても、内面の知性がにじみ出た美しい方ですね。

銀座に出かけて、直接お話を伺いたいものですが、

金銭面と立場的に無理な方が多いと思います。

そんな人は

『ぬかるみの女』(1980年1月7日~9月26日 東海テレビ 主演:星百合子 昼ドラとして放送)

を機会があったらご覧ください。

白坂さんの精神がリンクしていますよ。