びっくり

絶滅危惧種なのに穏やかな表情を浮かべながら飼われているオオカミ!?

土方クロネ(@hijikatakurone)さんがTwitterに投稿したのは、

ソファで休んでいる絶滅危惧種の「オオカミ」。

この投稿はたちまち話題となりました。

オオカミの特徴である毛並みの質感や、

風格のある佇まいがとてもクールです。

一体誰がどうやって手に入れたのでしょうか?

美しいオオカミ

違うアングルからの写真もまた美しいです。

少しさみしげな瞳で何を見ているのでしょうか?

視線の先が気になります!

飼い主以外の人間にも撫でることを許してくれそうな、

穏やかな表情です。

ウトウトしているようにも見えますが、

警戒しなくてもよいほど居心地が良いのでしょうか?

日本オオカミは絶滅しているといわれていますが、

誰かが飼っていたら大変な大ニュースです!

でもそんなニュース聞かないなぁ、と思ったあなた!

その理由はこうでした。



驚きの真相!

なんと、このオオカミは羊毛フェルトの作品だったのです!

その名も「オオカミ」。

息遣いが聞こえてきそうなほど、

とても美しく精巧に作られたこの「オオカミ」。

剥製の様に見えてしまう程緻密に作られていますが、

一応手芸品という括りになるようです。

美しくまるで生きているかのような素晴らしい作品ですが、

こちらの作品はモダンフェルト・造形アーティストの、

True Style Lab.(@Truestylelab)さんが手がけたものです。

True Style Lab.さんはパリやロンドンなど、

世界でも活動の場を広げている注目の方です。

もちろん日本でも作品を展示しているので、

気になった方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

素晴らしい作品

土方クロネさんの投稿のおかげで、

True Style Lab.さんの作品と出会うことができました。

普段羊毛フェルトの作品のような、

メジャーではない分野と出会ったり発見することは難しいと思います。

でも誰かが気づいてくれて、

興味や世界が広がることがとても嬉しいことだなとしみじみ感じました。

True Style Lab.さんの作品をもっと見たくなりました。

この「オオカミ」がたくさんの方の目に触れ、

心に小さな幸せを運んでくれるのだろうと思います!