わんちゃん

愛犬との最期の別れが医師の計らいで許可されることに!その様子に涙・・・

帰ってこない飼い主

 今回ご紹介するのは、まだ若い飼い主さんが天国へ旅立つ前に愛犬と最期の別れの面会を果たした時の映像です。いつも元気な飼い主さんが突然帰ってこなくなるなんて、愛犬には想像できないでしょう。

 急に訪れたお別れを悟った犬は、一体どんな気持ちでお別れをしたのでしょうか?アメリカのカリフォルニア州に住む33歳男性のライアンさんと愛犬のモリー。

 ライアンさんはある朝、酷い頭痛で目を覚ましたそうです。ただの頭痛だと気にしていなかったのですがこの時すでに脳出血を起こしており、事態はとても悪い方へ進んでいきます。

 彼は治療を受けるも元気な姿を見せてくれることはなく、昏睡状態に陥ってしまったのです。そして、突然家に帰って来なくなったライアンさんを不思議に思うモリー。まずは動画をご覧ください。



最期の別れの面会

 医師から「もう目を覚ますことはない」と言うつらい宣告を受けたライアンさんの家族。別れの覚悟を決めて、親しい人たちを病室に集め、お別れの挨拶をします。

 普段ペットは厳禁な病室に、医師の計らいで入室することができたモリー。目を覚まさないことを悟ったかのように、優しく飼い主さんに鼻を近づけるモリーに目頭が熱くなります。

 ライアンさんもモリーも、こんな突然に別れることになるとは思ってもいなかったでしょう。やり残したこともたくさんあったと思います。もっと撫でて、抱きしめて、いっぱい遊びたかったはず。

 最期に愛するペットに見守ってもらえたライアンさん。きっと天国で、モリーのことを見守ってくれていることでしょう。