びっくり

天皇陛下とサウジアラビア副皇太子が懇談している写真が絶賛された理由とは?

2016年の8/31~9/3に、

サウジアラビアの王族であるムハンマド・ビン・サルマン副皇太子が来日し、

9/1の午前に天皇陛下と懇談をされました。

場所は皇居御所の「小広間」と呼ばれる場所で、

通常は海外の要人が来日した際に天皇陛下や皇后陛下が会見される時に使われる部屋。

ムハンマド副皇太子は元々親日派で、

日本のアニメや漫画にも興味をお持ち頂いているそうです。

その時に行われた懇談の様子を写した1枚の写真が、

世界中から大絶賛されたのです。

シンプルこそ至高

この部屋の中で最も重要な存在は、

「人である」と感じる一枚ですね。

実際にこの写真を見た各国の人々からは、

たくさんの称賛の声が寄せられました。

sinpuru1

・だから日本が好きなんだよ。ほかにこれほど上品にしようとしないだろう(国籍不明)

・本当に素晴らしい場所だ。うるさくないシンプルな作りで大事な部分1点にまとめられている。日本らしいよ!(サウジアラビア)

・余計な装飾はしない。偉大な日本の人々のシンプルさの象徴だね(ロシア)

・すごいよね?!あの空間を目にして、王子は何を思ったんだろう(イエメン)

・こういった一切の無駄を省いた部屋は目に心地いい。イスラム諸国の首脳陣も見習ってほしいものだ(パキスタン)

決して華やかではないけれど、

奥ゆかしさを感じさせる日本のおもてなしはどこへいっても高評価です。

sinpuru2

・同じだけど、やっぱり違うな!(オーストラリア)

・同じ事をやっているにも関わらず、この差!(アラブ首長国連邦)

意外と厳しい意見も多いようです。



真の友人

宮内庁によると、陛下は

「東日本大震災の際にお見舞いをいただいたことに感謝します」

とお礼のお言葉を述べられました。

お言葉に対しムハンマド副皇太子は、次のように応じられました。

「それは我々の義務です。日本は極めて重要なパートナーです。困っているときにはそばに寄り添うのが真の友人です」

これに対し陛下は、

「より良い世界のために各国が協力していくことが大事だと思います」

とお話しされたようです。

陛下はいつも国民の平和、

そして世界との協調を考えていらっしゃるのが垣間見えますね。

それがきっと、ムハンマド副皇太子にも伝わっているのでしょう。

相手を思う気持ちから生まれるおもてなし。

ただお金をかけて煌びやかにするのではなく、

相手が心地良いと感じる空間を提供した陛下のおもてなしに、

世界が心打たれるのも納得できます。

これからも日本の良さが世界中に拡がると良いですね。