泣ける

「最初の喧嘩をするまで開けてはダメ」と9年前に渡された結婚祝いの箱を開けた結果・・・

結婚のお祝い

アメリカのミシガン州に住むキャシー・ガンさんと夫のブランドンさんは、

ある晩子供を寝かしつけた後に2人でワインを楽しんでいました。

そして友人の結婚のお祝いについて話し合っているうちに、

自分たちの結婚祝いにと大叔母のアリスンさんからもらった、

プレゼントの箱のことを思い出しました。

hako1

そこには、

「2人が最初の喧嘩をするまでは開けてはいけません」

との手紙が添えられていたのです。

その箱は結婚後、

9年間開けられることもなくクローゼットの中に入れたまま。

そして、ついに2人はこのプレゼントを開けることに・・・。

果たして中には何が入っていたのでしょうか?

 

そこにはこんな手紙が添えられていました。

「最初の喧嘩をするまでは開けてはいけません」

2人は結婚後、この箱を開けることはありませんでした。

「もちろんこの9年の間に数え切れないくらい喧嘩や議論、相手を非難もしました。でもこの箱をあけることは私たちの結婚が間違っていたということを象徴する気がして開けられませんでした。」

箱の中には・・・

9年間共に過ごし、

お互いに固い信頼で結ばれた2人に、

もうそんな懸念は微塵もありません。

「今は2人は親友でありパートナーであり、チームメイトのようでもあります。」

とキャシーさんは語ります。

hako2

そして2人はプレゼントを開けることに・・・。

9年間クローゼットの棚の中で、

ホコリをかぶり眠っていた白い箱。

とうとう開ける瞬間がやってきました!

その中には・・・。

hako4

中には花瓶、ワイングラス、入浴剤、

そして2人へのメッセージを挟んだお金が入っていたのです。

「キャシーへ、

このお金でピザと海老・・・

それか二人が好きなものを買いなさい。

そしてお風呂の準備をして・・・

アリスンより」

hako3hako5



箱が支えた結婚生活

キャシーさん宛てのメッセージです。

そしてブランドンさんには…。

「ブランドンへ、

このお金でお花とワインを買いなさい・・・

アリスンより」

さりげない2つのメッセージがありました。

「大丈夫、気持ちを変えて部屋にお花を飾り、2人で美味しいものを食べてゆったりといつものように過ごしなさい」

というアリスンさんの優しい思いが詰まってますね。

「大叔母と大叔父は50年近くの結婚生活を送りました。その中で様々な事から得た知恵を私たちに伝えたかったのだと思います。」

キャシーさんは喧嘩をする度に、

「箱を開けようか?今本当に開ける時なのか?この先もっと大きな喧嘩をした時この箱がなかったらどうなるなかしら?」

という思いにかえって支えられたそうです。

「私たちは9年の結婚生活の中で、公正さや相互理解、妥協そしてある時は忍耐を学んできました。この箱に結婚生活を維持する力や創造していく力をもらってきました。何よりのプレゼントでした。でも今は健全な結婚生活はこの箱の中にあるのではなく、私たちの中にあるのだと確信しています」

キャシーさんはこのように語って締めくくりました。

9年間、アリスンさんからのプレゼントが、

キャシーさんとブランドンさんを支えてきました。

そこから2人に確かな信頼が築かれ、

互いの中で揺るぎない結びつきへと熟成していきました。

そして、喧嘩をした時には気持ちを切り替えて、

「いつものように過ごしなさい」というメッセージ。

結婚生活50年を経てきたアリスンさんならではの、

素晴らしい結婚のお祝いですね!

【こちらもオススメ!】

さとう珠緒、現在もなぜか美人のまんま。意外と知られていない秘密の「若返り法」が話題に!

違法サイトを使わずに、ドラマ・アニメ・映画を完全無料で楽しむ方法がすごい!

渡辺直美の写真が世界中で大炎上!しかし、その後の対応で格の違いを見せつける・・・

見ず知らずの赤ちゃんに授乳する女性警察官を写した1枚の写真が世界中で話題に!