びっくり

ワニだらけの湖に、27人の子供を乗せたバスが転落→10歳の少年が見事に救出!

アメリカのフロリダ州で、恐ろしい事故が起きました。

小学生を乗せたスクールバスが子供たちの親元に向かっている途中、

バスのブレーキが故障して湖に転落しまいしました。

水位は低かったことがせめてもの救いでした。

しかし、本当の悪夢はここから始まりました。

湖には、数匹のワニが住み着いていたのです。

wani1

その巨大さは、子供を一口で呑み込めそうでした。

ワニの姿を見た小学生たちが泣き叫ぶ中、

1人の少年がとんでもない動きを取ります。

子供の保護者たちとマスコミの人たちも、

少年の勇敢さに驚きを隠せませんでした。

いったい少年はどのような行動を取ったのでしょうか?

ワニの住む湖

放課後、スクールバスに乗って楽しくお喋りをする子供たち。

危ない事をしないように注意をしなさいと言って、

全員が乗ってることを確認した運転手さんは発車します。

しかし、異変に気付いた運転手さんは必死にブレーキを踏みました。

バスは全く言うことを聞かず、

速度は下がりませんでした。

wani2

どんどん速くなっていくバスは最終的に転落し、

横にある湖へ突っ込みました。

水位は高くなかったので、

横になったバスは全体が沈まずに済みましたが、

鋭い視線がバスを睨んでいます。

この湖は、元々ワニの住む所でした。

大人より大きなワニが大量にいます。

ブレーキだけではなく、

バスのコントロールも効かなくて予定路線から外れてしまったそうです。



小さなヒーロー

ワニはバスに近寄る気はなさそうですが、

自分より何倍も大きい生き物を見て怖がらないわけがありません。

パニック状態になったクラスメイトが泣き叫ぶ姿を見て、

1人の少年は動き出しました。

10歳のニコラス君は、先ず自分より小さな女の子を背負いながら、

ワニの存在を無視して岸辺まで泳ぎました。

wani3

女の子を安全な場所に置いた後は再びバスまで戻り、

2人の子供を同じようにバスから連れ出しました。

少年の勇敢な姿を見て、

子供たちはだんだん落ち着くことができました。

バスの事故を知った保護者たちは現場に駆けつけ、

残りの子供たちを救出しました。

怪我した子供は1人だけ、

ワニに襲われた子供は1人もいませんでした。

唯一の大人の運転手さんはバスの衝撃で気絶していました。

wani4

慌てる子供たちがそのまま車内で暴れると怪我してしまい、

血の匂いがワニたちを誘うかもしれません。

安全な場所で救助を待てば良いというものの、

パニック状態になった子供たちは言う事を聞けるはずがありません。

少年の行動は無謀とも取れますが、子供たちのヒーローになりました。