泣ける

週3回スタバに必ず訪れる、耳に障害を持った男性に店員がメモを渡した理由!

今や世界各国に店舗を拡大している『スターバックス』。

日本にも熱狂的なファンがいるほどリピーターも多く、

コーヒーの美味しさはもちろんですが、

スタッフの接客が良いのも魅力のひとつとされています。

そんなスターバックスに週3回のペースで通う、

アメリカのバージニア州リーズバーグで暮らしているIbbyさん。

彼は聴覚に障害をもつ人であり、

注文時はスマートフォンに文章を打ち込み、

それをスタッフに見せて注文などを行っていました。

ある日、いつものようにスタバを訪れたIbbyさん。

注文をしようとスマートフォンを取り出したときの事です。

1人の女性スタッフが、Ibbyさんに1枚のメモを渡しました。

すべてはお客様のために…

「あなたがほかのお客さんと同じように過ごせるよう、手話(ASL)を習っています。」

メモの内容にびっくりしたIbbyさん。

顔をあげるとメモを渡してきた女性スタッフが、

「ご注文はお決まりですか?」

と手話を使って尋ねてくれたのです。

頻繁に来店してくれるIbbyさんの耳が、

不自由な事を知っていた女性スタッフ。

んと彼女は誰に言われるでもなく自ら独学で手話を勉強し、

Ibbyさんとコミュニケーションをとろうとしてくれたようです。

このことに対してIbbyさんは、

「私の耳が悪いということを知って、私の為に手話を勉強してくれるなんて・・・。信じられない!」

と手話をしてくれたことに驚き、

それ以上に感激したと語っています。



本当のホスピタリティ

スターバックスの社訓の中に、

「顧客が心から満足するサービスを提供する」

といった内容があります。

お店に訪れるお客さんに、は色んな人がいると思います。

そのお客さん一人一人に満足してもらえるサービスというのは、

なかなか難しいことでしょう。

この女性の細やかな気配りと行動により、

Ibbyさんはとても満足したようですし、

私たちまで心が温まりましたよね。

bakkusu3

本当のホスピテリティとはなにか。

人を思いやることの大切さと感動を、

この女性スタッフから教えてもらえたような気がします。