びっくり

サンマの肝がわずか30秒で抜き取れてしまう究極奥義、『つぼ抜き』とは!?

秋の味覚の代表といえばサンマですね。

塩焼き、刺身、煮付けなどなど、

様々な味わい方があるサンマですが、

あなたは綺麗に捌くことができますか?

中にはサンマを捌くのは苦手ということで、

スーパーなどでは捌かれたものでないと手が出せない、

という方も多いのではないでしょうか?

しかし、実はサンマは意外と簡単に捌けるのですよ。

特に子供を中心に苦手な方も多い肝は、

究極奥義『つぼ抜き』の手にかかれば、

わずか30秒で抜き取れてしまうのです。

つぼ抜きのやり方

まずはサンマを立てて持ちます。

この時サンマは、腹が下になるようにします。

サンマを立てて持ったら、ここから包丁の刃を入れていきます。

切る位置は胸ビレの後ろに包丁が来る位置です。

kimo4

なお刃は、中骨のところまでで止めるようにします。

中骨まで刃が通ったら、そこで固定します。

最後にそのまま、サンマの胴体を引っ張ればおしまいです!

あっという間にサンマが捌けてしまいます。

するりと胴体が抜けていく時は、とても気持ち良いことでしょう。



ネットの反応

いかがでしたか?

本当にあっという間、しかも綺麗に捌けていますよね。

これなら料理が苦手な方もできるのではないでしょうか?

ネット上では、このつぼ抜きに驚きの声が多く寄せられていました。

・これは良いこと聞いた。

・さっそくやってみま~す♪

・これも簡単そうですね(^^;;

このつぼ抜きで捌くと、

内臓が潰れずに取れているので苦味が出ません。

子供は特に内臓の苦味が苦手だという子も多いでしょうから、

この方法なら美味しくいただけるでしょう。

ぜひ実践してみてくださいね。