泣ける

警察署に来た男性が持っていた古い写真に写る少年がきっかけで、11年ぶりに感動の再会!

2015年2月14日の出来事です。

ソウルの西大門警察署に、1人の日本人男性が訪れました。

彼は1枚の古い写真を取り出すと職員につたない韓国語で、

「この写真に写っている警察官を探してほしい」とお願いしました。

日本からわざわざ韓国に西大門を訪れ、

捜索を頼み込んだ日本人男性の名前は“鳥取和道”さん。

その写真は2005年に撮影されたもので、

当時9歳だった息子さんが警察官と並んで写っているものでした。

写真に写っている子供のお父さんが、

なぜわざわざ韓国の警察官を探しているのでしょうか?

そこには感動のストーリーがあったのです。

人生に影響する心遣い

11年前のことです。

鳥取さん一家は家族旅行でソウルへ訪れていました。

その時に息子さんが近くの交番の前で、

写真を撮りたいと言い出したそうです。

たまたまそこを通りかかった若い警察官。

鳥取さんはその若い警察官にお願いして、

一緒に写ってもらいました。

ツーショットを快く聞いてくれた若い警察官は、

パトカーをバックに撮らせてくれた上に、

自分の警察帽を鳥取さんの息子さんにかぶせてあげたのです。

pori3

そしてこの1枚の写真が、

鳥取さんの息子さんの将来に大きな影響を与えることになりました。

ソウルで撮った写真を机の上に飾り大切にする息子さん。

その写真を眺めているうちに、

警察官になりたいという夢を抱き始めました。

そして努力の末、高校3年生の時に警察官採用試験に見事合格!

2015年3月に警察学校を卒業し、

晴れて警察官になるという夢を叶えたのです。

鳥取さんは、息子が警察官になったのは、

ソウルで出会ったあの親切な警察官のおかげだと考え、

その感謝の気持ちを伝えるべくソウルを訪れたそうです。



あの時の警官は…?

この事情を知った西大門警察署は、

その日のうちに当時の警察官が誰であるかを突き止めました。

西武の忠清南道(ちゅうせいなんどう)、

保寧(ぽんりょ)警察署で勤務する“キム・テヒョン”警長でした。

キム警長は当時のことをこう話していました。

「初めて連絡を受けた時は思い出せませんでしたが、写真の記憶が蘇ってきたのです。昔のほんの些細な出来事だったのに、感謝を伝えようと日本から探しにきてくれたと連絡を受け、とても嬉しかったです。」

pori4

鳥取さんは翌日の午前、

西大門署にて説明を受けましたが帰国の時間が迫っていた為、

結局キム警長に直接会うことは出来ませんでした。

そのため鳥取さんは用意していた手紙と、

警察官になった息子の写真を彼に渡してほしいと、

西大門署の職員に託し日本へ帰国したのです。

その後の再会

その後キム警長と鳥取さん一家は、

SNSを通して連絡を取り合うようになりました。

そして2016年の3月、

キム警長は鳥取さんのために日本に来日してくれたのです!

その時のことについてキム警長は、

「11年ぶりの再会でしたが、面影が残っていたのですぐに彼だとわかりました。訓練する姿や勤務する姿を見て、とても誇らしく、感無量でしたよ」

と話していたそうです。

pori5

11年前には9歳だった少年が、

今や立派な警察官となっているその姿は、

キム警長を感動させました。

そして警察官となった少年は 、

「キム警長のおかげで、警察官になることが出来ました」と直接感謝の気持ちを伝えることができました。最後にキム警長は「子供たちに親切な警察官になってください」

と11年前にかぶせた警察帽を、

大きくなった少年にプレゼントしたそうです。

その帽子は今、11年前と11年後の写真と共に、

今も大切に飾っているとのこと。

国境を越えて、

人生に影響を与えたなんとも心温まるエピソードですね。

これから鳥取さんは国民を守る警察官になっていくかと思いますが、

どうかキム警長が言った

「子供たちに親切な警察官」を目指して欲しいものです。

小さな優しさで、相手の人生の転機になることだってあります。

そういった思いやりや感謝の心、

私たちも大切にしていきたいですね。