泣ける

ナダルが突如試合を中断!悪童マッケンローが涙した感動的な行動とは?

ラフェル・ナダル選手はグランドスラム優勝回数歴代2位(14回)、

史上2人目となるキャリアゴールデンスラム達成、

さらに全仏オープン最多優勝・

最長連覇記録を保持するテニス史上屈指の選手です。

2016年9月25日の試合。

サーブを打とうとするナダル選手が試合中にも関わらず、

プレーを中断しました。

彼がプレーを中断した理由とは、何なのでしょうか?

この時ナダル選手は、「紳士的な行動を魅せた」と話題になっているようです。

試合中断の理由

2016年9月25日に行われた、スペインのマヨルカにある

「ナダル・アカデミー」でテニス界のレジェンドであり、

悪童という異名を持つジョン・マッケンロー選手を迎えて行われた、

エキシビションマッチでのことです。

サーブを打とうとするナダル選手。

しかし突如観客席に視線を向け、

試合中にも関わらずプレーを中断します。

nadaro1

「どうして?なぜ中断!?」

と誰しもが思ったことでしょう・・・。

会場のお客さんもざわつくはず・・・ 。

突然の中断に、ナダル選手の視線を追うマッケンロー選手。

すると彼らの視線の先には、取り乱す女性の姿がありました。

実はこの女性、一緒に会場に来た幼い娘を見失ってしまい、

警備員に「娘を探して欲しい!」と助けを求めていたのでした。

プレー中のナダル選手は、

この会場の中で起きた異変に気づいた為、試合を中断したのでした。

試合を中断し、

会場のお客さんが一丸となって娘さん探しをすることに!

滅多にない光景で、普通では考えられない行動です。



紳士的な行動とマッケンローの涙

これだけの観客。

本来なら会場が賑わい、なかなか見つからない迷子探し。

しかしプレーを中断してまで行われた迷子探しの結果、

すぐに別の警備員が娘さんを発見!

母親の顔を見て安心したのか、泣き出す娘さん。

その姿にマッケンロー選手は・・・。

nadaro2

涙したマッケンロー選手は目頭を押さえるパフォーマンスで周囲を沸かせました。

ナダル選手が会場の異変に気付いたおかげで、

迷子探しはすぐに終わり安心しました。

悪童と呼ばれるマッケンロー選手も、涙する理由がわかりましたね!

ちなみにこの試合は、

茶化したマッケンロー選手をナダル選手があっという間にやっつけたそうです。

ナダル選手の紳士的な行動による感動、

最終的には彼の圧勝。

なんとイケメンかつ素晴らしい選手なのでしょうか(笑)。

色々な意味で魅せられました。