泣ける

お店がホームレスの女性に水をあげることを拒否するのを目撃した青年がとった行動とは?

どんな豊かな国でも、

ホームレスが生まれてしまうのは悲しいことです。

今回ご紹介する女性がどのような人生を歩み、

食べる物も飲むものも手に入れることができない状態まで、

追いつめられたのでしょうか?

ウェールズ在住のジョナサン・ペンジェリーさんはその日、

友人とファストフードにやってきました。

夜遅い時刻なのに賑わう店内は長蛇の列を作っていました。

ジョナサンさんは列に並び、友人と和やかに待っていると、

列の先頭にいた女性が、

店員と会話している様子が目に留まりました。

どうやら水をもらおうとしている女性に対し、

店員が拒否していたようです。

ジョナサンさんはそれを見て、

言い知れぬ気持ちになってしまったのです。

この女性とジョナサンさんの関係は、

どうなっていくのでしょうか?

拒否されるホームレスの女性

その女性は切羽詰まっていたのか、

必死に水をもらうために店員と交渉をしますが、

店員は頭を縦に振りません。

その様子を店内のお客さんたちは見てはいますが、

手を差し伸べる人はいません。

ジョナサンさんはついにその女性に声をかけたのでした。

「何でも好きな物を注文しなよ、支払いは僕がするから」

ジョナサンさんの申し出に感謝をしつつ、

チーズバーガーを一つだけ注文しました。

ジョナサンさんは気を使うこの女性に対し、

他の商品を注文して女性にご馳走したのでした。

ジョナサンさんは更にその女性を家に招き、

シャワーを貸したり食事を用意したりと、

とても慈愛に満ちた行動をし、

その女性は涙を流しながら感謝していたそうです。

ジョナサンさんは水の一杯ももらえない女性を見て、

「ホームレスには人権もないのか?」と感じたそうです。

女性との写真は家に招いた時の写真で、

次のようなコメントを添えていました。

「別に僕は最高に良い人ってわけじゃない。でも親切にするのに、そんなお金は掛からないんじゃないかな。今回かかったお金なんて、たった20ポンド(2500円程度)くらいさ。きっと、このメッセージを呼んでいる人の9割は、1日でその何倍もの給料をもらっているだろう?」



慈愛に満ちたジョナサンさん

ホームレスになるということはある意味、

自業自得な部分もあるかもしれません。

しかし失敗した人が、

もう一度頑張ることはとても良いことですよね。

ホームレスまで経済的に落ちてしまうと、

再就職も厳しいのはどの国でも同じことかもしれません。

ジョナサンさんのようにホームレスに対し、

ボランティア精神や慈愛の気持ちがあれば、

人生に失敗した人でも、

やり直すきっかけを掴むきっかけになるかもしれません。

失敗した人に厳しいばかりの世界では、

きっとホームレスは減りませんよね。

ジョナサンさんのようにとはいかなくても、

親切な気持ちをどんな人にでも持つことで、

平和が生まれるのではないかと考えさせられるお話でした。

ジョナサンさんの気持ちに応え、

その女性が明るい未来に歩きだせることを、

心から願いたいと思います。