わんちゃん

目の不自由なチワワのために飼い主が作成した補助具が天才的に素晴らしい!

目の不自由な愛犬

 目の不自由な愛犬のために、飼い主さんが素晴らしい補助具を作り上げたと海外で大きな注目を集めています。バディーという名のチワワは白内にかかり、視力をなくしてしまったそうです。

 そのため家の中を歩いている時の足取りが危なっかしく、壁やドアなどの障害物に自分の頭を思いきりぶつけてしまう回数も急激に増えたとのこと。このままでは、いつか大ケガを負う危険性がありますね。

 そこで飼い主さんはバディーのために、専用の補助具を作りました。飼い主さんの優しさが溢れた素晴らしい補助具を、動画にてご覧ください。



バディーの補助具

 バディーが身に付けている、輪っかのようなものが補助具です。補助具をこのように装着しておくことで、さまざまな障害物へぶつからないよう避けることが可能となります。

 飼い主さんの、バディーに対する優しい気遣いによって出来上がった作品です。バディーの歩いて行った先には、障害物がたちはだかっています。

 クローゼットのようですが補助具についている輪っかのおかげで事前に危険を察知して、頭をぶつけることはありませんでした。彼はあっという間に使い方を覚えました。

 そして白内障にかかる以前へ戻ったかのように、尻尾をブンブンと振りまわして家の中をうろつき回るようになったそうです。その姿はまるで、目がはっきりと見えているのではないかと錯覚してしまうほどですね。