びっくり

急に飛んできたバットに気付かない息子を見事に守った父親のカッコ良い瞬間!

よく大リーグを見ていると、

グローブを付けている観客を見る事があります。

お客さんは飛んでくるボールを目当てに構えて、

我先にとボールをキャッチして嬉しそうにしていますね。

ところが、それがバットの場合はどうでしょう。

バットもたまに飛んでくるでしょうが、

そうそう観客席にまで飛んでこないと思います。

もし飛んできても誰もそれをキャッチしようとはせず、

まずは逃げるでしょう。

ところが、アメリカで反射的にある行動をしたパパがいます。

それが飛んできた!

アメリカのフロリダ州で、

ピッツバーグ・パイレーツ対アトランタ・ブレーブスの試合が行われました。

日本のプロ野球界も最近は地域性が強いですが、

アメリカはチーム名の前に地域名が付けられていますから、

それは地元の熱心なファンは楽しみに観戦していたと思います。

ところが試合中、バッターの選手がスイングをしていて手がすべり、

バットが勢い余ってスタンドまで飛んで来たのです。

まさかスイング中のバットが、

自分のところに飛んでくるなんて誰も思いません。

観客がバットをさけて屈んでいくその先に、

お父さんと観戦に来ていた少年がいました。

pappa1

少年は携帯のゲームに夢中になり、

飛んでくるバットに気がつきません。

これは少年が、

「何かおきたの?」と顔を上げた瞬間でしょうか?

横にいたお父さんが、

反射的に子どもを守ろうと手を出しています。

お父さんの口は真一文字、

まるで息子を守る武士のようです。



パパは偉大!

とっさに差し出されたお父さんの腕にバットが当たり、

少年の後ろへと落下していきます。

そしてお父さんは痛がる顔をするわけでもなく、

たくましい腕をためらうことなく伸ばしていますね。

また、息子のほうを見ないでどこを見ているのでしょうか?

多分、選手の方を見ているのでは?

「危ないぞ!バットはしっかり握って振れ!」

と怒っているようにも感じます。

pappa2

これぞ家族を守るお父さん、

という感じの方ですね。

父親の鑑を見ているようです。

この画像には41万人もの人達が、

「いいね!」と反応しています。

守られた少年はこのカッコイイパパのことを尊敬し、

誇りに思っているでしょう。

そして今度から球場に来たときは、

携帯ゲームは控えるのではないでしょうか?