びっくり

漫画『タッチ』、タイトルの由来と隠された真意が意外だった・・・!

あだち充先生が描いた、多くの方に愛された大人気漫画『タッチ』。

2016年10月12日に発売された「月間少年サンデー」で、

同作のタイトルの由来が衝撃すぎると話題になっています。

それは、同誌であだち先生にインタビューした時でした。

tatti3

まずあだち先生は、かっちゃんこと上杉和也の死について、

驚愕の事実をさらりと返答したのです。

その他にも、連載当時の仰天裏話が次々と語られました。

なぜあだち先生は、かっちゃんを死なせてしまったのでしょうか?

かっちゃんの死

大人気漫画『タッチ』について、

記者はある疑問を作者であるあだち先生に問いかけます。

記者:「なんで『タッチ』で上杉和也を殺したの?」

あだち充先生:「最初から殺すつもりだった。」 

こんな驚愕の事実を、

あだち先生はサラリと答えてしまいました。

彼は甲子園出場をかけた予選の決戦の日に、

子供を庇ってトラックにはねられてしまいます。

tatti1

そして、兄のたっちゃんこと上杉達也がかっちゃんの代わりに、

ヒロインである浅倉南の夢を叶えるため、

甲子園を目指しました。

コミックスで言えば26巻中の7巻目に起きた悲しい展開であり、

多くのファンがショックを受けた事でしょう。

あだち先生は当時の担当編集者に、

「人気のあるキャラだから殺すな」

と散々釘を刺されていたそうですが、

原稿を置いて行方をくらましたそうです。



「かっちゃんは殺すな」

作者のこだわり故か、

あだち先生は物語の内容を変更する気がなかったようです。

「週刊少年サンデー」の現編集長の石原武法さんも、

当時の事について振り返っています。

当時の編集長はあだち先生が担当の注意に耳を貸さず、

かっちゃんを死なせる展開にする雰囲気を感じ取り、

「死んだら載せない」と言いました。

それにもかかわらず、

散々釘を刺していたあだち先生の担当編集者は、

事実を隠しながら「死ぬわけない」と嘘を付きました。

最初からかっちゃんが死ぬ運命だという事に、

ファンの皆さんはショックを受ける事でしょうが、

それからの話の展開に誰もが盛り上がっていき、

名作となったのも事実です。

そしてあだち先生がこの事と合わせてこのようにも語りました。

「タイトルの『タッチ』は『バトンタッチ』の『タッチ』だからねえ」

まさにあだち先生の狙った通り、

主人公の「バトンタッチ」で物語を最高の作品として、

完成できたのではないでしょうか?