泣ける

混雑した電車内で見知らぬ人が23歳の母と3歳の息子に渡したメモの内容とは?

ある日イギリスに住む23歳のサマンサ・ウェルチさんは、

3歳になる息子のライアンくんを連れて電車に乗っていました。

サマンサさんは様々な工夫をして、

息子が退屈しないようにと心がけて乗車していました。

すると電車を降りようとした1人の男性が、

サマンサさんにメモを渡してきたのです。

そこにはあるメッセージと共に、

思いもよらないものがありました。

それにサマンサさんは、とても感動したといいます。

若いシングルマザーの苦労

サマンサさんとライアンくんが乗っていた、

イギリスのバーミンガムからプリマスに向かう電車は、

大変込み合っていました。

サマンサさんはまだ若い母親。

しかし目的地へと向かう6時間もの間、

息子が退屈しないようにとゲームなどを行っていました。

サマンサさんたち親子は他の乗客とも楽しくお話をする事もでき、

サマンサさんは息子の事を誇らしげにこう語っていました。

「ライアンは他の人たちに向かってお元気ですかって聞いて回ったり、『すてきな髪型ですね』と言ったりしていたわ。彼は人を褒めるのが好きなの」

またサマンサさんは電車に乗っている間、

ライアンくんに咳をするときには手で口を押さえた方がいいことや、

売店で何かものを買う時には

「ありがとう」や「お願いします」といった言葉を忘れない、

といった大切なマナーを教えていました。



運命の出会い

やがてライアンくんは、

サマンサさんの膝の上にもたれるように眠ってしまいました。

その後サマンサさんたちの前に乗っていた、

帽子とメガネをつけた1人の男性が電車を降りようとしました。

その時にその男性は、

「これ、カバンから落としましたよ」と言い、

サマンサさんに1枚の折りたたんだ紙を渡しました。

サマンサさんがその紙を開けてみると、

驚くべきものがあったのです。

なんと5ポンド札と一緒に、

このようなメッセージが添えられていたのです。

「何か美味しい飲み物でも買ってください。あなたは子どもに責任感をもって接していました。丁寧で、そして良いマナーを次の世代に伝えていた姿に感動しました。

PS、私にはあなたと同じくらいの年齢の娘がいます。私もかつて知らない人から同じことをしてもらったことがあるんです。娘も子どもができたらあなたのように立派な母親になってほしいものです」

思ってもみなかった優しさを受け取った、

若いシングルマザーのサマンサさんは、

とても感動したそうです。

そして、このように語っています。

「私はいつも、ライアンに対して正しく接することができているのか不安だったわ。いつだってね。この子に対して厳しすぎるんじゃないかとか、時には逆に甘やかしすぎているんじゃないかしらとか、いつも心配だった。正しくあるべきだという気負いばかりが先に行っていた、そんな感じがするわ。だからこそ、他人に『あなたがやっていることは正しい』と言われたとき、もうそれですべてが楽になったわ」

紳士を探して

誰かも分からない人にではあるものの、

この言葉はサマンサさんに勇気を与えました。

なんとしても感謝の気持ちを伝えたい、

と思ったサマンサさんは、

Facebookを使ってその男性を探すことにしました。

そして1週間後、その苦労は報われ、

メガネと帽子の男性を探し出すことが出来ました。

あの時の男性は、

50歳で4人の子どもを持つ、

ケン・サンダースさんという紳士でした。

あの日ケンさんは1週間の仕事のストレスを抱え、

電車に乗っていたそうです。

その時サマンサさんとライアンくんを見て、

何もない日々に一筋の光が差したことをこう語っています。

「私の夜を明るく照らしてくれたのが彼女だったんだよ。それならば、今度は私があの子の夜を照らしてあげられれば、そう思ったんだ」

何気ない毎日の出会いの中で起こった、

なんとも心温まる出来事ですよね。

こんな風に人に優しくできたら素敵ですね。