泣ける

見ず知らずの女性に臓器提供した男性を2年後に待ち受けていた驚きの運命とは?

臓器提供者(ドナー)を必要とする女性

アメリカのイリノイ州に住む女性、

ヘザー・クルーガーさんは重い病に侵されていました。

病名は自己免疫性肝炎といい、

体内に入った異物を排除する免疫機能の異常により、

肝臓内の正常な細胞や組織を攻撃してしまう病気です。

彼女の病状は深刻で、治療法は肝臓移植しかありませんでした。

zouki1

しかし、脳死判定を受けたドナーを待つほど、

猶予はない状況だったのです。

彼女が助かる道はひとつ。

たとえ家族や身内であっても適合することが難しいとされる、

適合ドナーとの生体肝移植しかありませんでした。

ただ残念なことに名乗り出たヘザーさんの家族、

従兄弟までもが不適合で適合するドナーは見つからなかったのです。

町役場で働く男性

同じくイリノイ州に住むクリス・デンプシーさんは、

ヘザーさんの住む町から12キロ離れた役場に勤務する男性で、

たまたまヘザーさんの情報を耳にしました。

正義感が強く、

心の優しいクリスさんは居ても立ってもいられず、

ヘザーさんに連絡をして、

ドナー適合検査を受けることを申し出たのです。

zouki2

生体肝移植はドナーのリスクが高く、

同じ臓器提供でも生体腎移植に比べると、

死亡率はおよそ5倍ともいわれ、

またドナーの25%が術後に合併症を起こしている、

というデータもありました。

それらを理解したうえで、

クリスさんは名乗りを上げたのでした。

これが運命の出会いとも知らずに…。



まさかの適合!

見ず知らずの女性を助けたいという一心で、

生体肝移植のドナー適合検査を受けたクリスさん。

それはまさに運命でした。

身内でさえも適合しなかった、

ヘザーさんの肝臓と奇跡的にも適合したのです!

余命宣告されたヘザーさんにとって、

まさに救世主となったクリスさんは、

早速ヘザーさんと連絡を取りました。

そして臓器を提供するクリスさんと、

提供されるヘザーさんは初めての対面を果たしたのです。

手術を受けるまで、

2人はお互いの家族を交えて何度となく会い、

会話をして食事をしました。

こうして交流を深めることで、

お互いに信頼できる相手となっていきました。

そしてクリスさんが臓器提供を決心してから半年後、

ついにヘザーさんと共に手術に挑んだのです。

結果は成功!

2人とも無事に回復したのでした。

もう一つの奇跡…

手術が成功してから一年半の月日が流れ、

更なる奇跡が生まれました。

いつしか2人の間に芽生えた恋心が実を結んだのです!

キッカケは臓器提供でしたが、

2人は出会うべくして出会った、

運命の絆で結ばれたカップルだったのですね。

出会っですぐに困難を乗り越えた2人にはこれから先、

楽しくて幸せな日々が待っていることでしょう。

いつまでもお互いを信じ、

思いやる気持ちを大切に、

幸せな人生を歩んでいってください。