びっくり

瞬間接着剤で指がくっついた時の対処法をセメダインの公式ツイッターが解説!

瞬間接着剤はとても信頼のおけるものではないでしょうか?

陶器を壊した際でも、

瞬間接着剤を使えばしっかりと接着しますし、

接着部分も目立たないので便利ですよね。

外出先でも、バッグや靴などが破損した際には、

持っていればすぐに修理できます。

ところがこの瞬間接着剤、手に付くことが多いです。

しかも普通の接着剤であれば、

ゴシゴシこすれば取れていくのですが、

瞬間接着剤の白い固まりはとれません。

この固まりは、指先だとかなりの不快感があります。

指先だけに瞬間接着剤が付いた場合は不快感だけで済みますが、

指同士がくっついてしまった場合は慌てますよね。

瞬間接着剤の3条件

セメダインが公式Twitterが紹介した、

瞬間接着剤で指が接着してしまった際の対処法が話題に。

瞬間接着剤が上手く接着するには、3つの条件があるそうです。

それは「適度な水分」「人肌温度」

貼り合わせた後も密着する柔らかい素材」です。

まさしく、指がこの3条件をクリアしていますよね。

この3条件を知ることで、

今後の瞬間接着剤の使い方も上手くなれそうです。

まず、無理に剥がそうとは絶対にしてはいけません。

あせってはがそうとする気持ちは良く分かりますが、

無理はしないこと!

落ち着いてぬるま湯に指を浸し、

モミモミすることで瞬間接着剤はとれます。

しかしあの白い固まりは、数日間はとれません。



対処法

その際には、マニキュアの除光液を使うと良いとのこと。

誤った接着予防として、

ハンドクリームなどを使うのも良いアイディアです。

しかし残念なことに、

指接着などの予防にはなりますが、

本来の目的である物の接着という点では、

瞬間接着剤の力を弱めてしまうそうです。

ハンドクリームの油分が接着したい物に付くことで、

接着しづらくなるとのことです。

ということで、

予防対策としてのハンドクリームなどはおすすめしません。

いかがでしたか?

これは覚えておいて損はないでしょう。

ご家族や友人にも共有してあげてみてはいかがでしょうか?