泣ける

「製作費、俺が払うわ」ピコ太郎をずっと支え続けていたあの人との深い愛とは?

世界中で流行した『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』の動画、

多くの人がご覧になったことがあると思います。

piko1

そんな古坂大魔王さんを、

ピコ太郎として活躍する前から支えてきた人がいます。

ピコ太郎こと古坂大魔王

ピコ太郎の名前でアップロードされた動画、

『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』がSNSで拡散され、

一躍有名となりました。

その売れっ子ぶりは、ギネスに認定されるほどです。

そんなピコ太郎さんの正体(?)である古坂大魔王さんは、

底ぬけAIR-LINEのメンバーでかつては

『ボキャブラ天国』などで活躍していました。

piko2

2003年9月からお笑い活動を休止し、

テクノユニット「ノーボトム!」の活動に専念。

2005年にはユニットをNBR(NEW BUSHIDOU RAVERS)に改名し、

クラブイベントプロデュースやmihimaru GTのアルバム・ライブツアー参加の他、

鈴木亜美さんなどの楽曲リミックスを手がけていましたが、

2008年にはお笑い芸人としての活動も本格的に再開しています。

そして、実はそんな古坂大魔王さんを陰で支え続けた人がいます。



日本一面白い奴

その人はテレビで誰もが見たあの人です。

それはなんと、くりぃむしちゅーの上田晋也さんです。

2人は同期でとても仲が良く、

ボキャブラ天国時代から、

彼は古坂大魔王さんのことを高く評価していました。

天才とも称しており、様々な人物に売り込んだりもしていました。

piko3

明石家さんまさんに、

「日本一面白い奴がいます。古坂っていうんですけど…」

と紹介したところ、真顔で

「俺よりおもろいんか?」

と返されたというエピソードはファンの間で有名です。

古坂大魔王さんがピコ太郎として活躍し、

上田さんは大いに喜んだことでしょう。

上田ちゃんネル

上田さんの冠番組である『上田ちゃんネル』には、

スポンサーがついていませんでした。

すると上田さんが、

「古坂のおもしろさを出したい」

「じゃあ俺、スポンサーになるわ」

「制作費、俺が払うわ」

「それでお前としゃべろうよ」

と制作費の支払いを申し出たとのこと。

上田さんが心の底から彼を評価しているとわかる、

素晴らしいエピソードですね。

ただの同期というだけの関係性ではない、

ただならぬ信頼を感じます。

それだけ芸人仲間から高い評価を受けながら、

なかなか世間からの評価が上がらない状態が続いていたそうです。

これからも古坂大魔王さんには頑張ってもらいたいですね。