泣ける

学校の用務員さんは、呼び出された体育館でで見た光景に涙が止まらなかった…!

バットンさんはアメリカのある小学校で用務員をしており、

とても働き者で仕事に誇りを持っています。

学校を清潔に保つようにするのはもちろんのこと、

生徒たちや先生のことまで気にかけてくれるような人でした。

そのため、生徒たちの彼に対する信頼はとても厚く、

彼らはまるで親のように慕っていました。

生徒たちはバットンさんと一緒にいると、

いつも幸せそうに笑います。

バットんさんはこう言っています。

「子供たちの笑顔を見ると、幸せな気持ちになるんだ。」

そんなバットンさんに何かしてあげよう、と周りの人は考えました。

体育館へ・・・

生徒たちが体育館で何かをしています。

バットんさんはそれについて、

学校を紹介するものを作っているのだと思っていました。

しかし実はそこで、

バットンさんを迎える準備をしていたのです。

生徒たちは前々からこの日のために準備をしていました。

そして、先生はバットンさんをこう呼び出しました。

「バットンさん。子どもたちが大量の水をこぼしてしまったの。すぐに来てもらえないかしら?」

それを聞いたバットんさんは、

急いでモップを持って体育館へ向かいました。

すると、そこに待っていたものは…。



嬉しいサプライズ

待っていたのは、みんなからの大歓迎でした!

何も知らずに体育館に入って行ったバットンさんは、

割れんばかりの拍手と子どもたちの歓声で迎えられたのです。

バットんさんは思わず目に涙を浮かべます。

「私たちはバットンさんを愛しています。あなたは私たちのすべてです。学校を代表してバットンさんに感謝し、これを贈呈します。」

先生からこんな言葉を贈られた後、

バットんさんには1,000ドルが送られました。

次は生徒たちの言葉です。

「バットンさんは学校を綺麗にしてくれるだけじゃなくて、いつも面白いジョークで笑わせてくれて毎日を楽しくしてくれます。感謝してると同時に、本当にバットンさんが大好きです。」

可愛い口でこんなことを言われたら、

胸が熱くなってしまいますね。

積み重なった信頼

バットんさんは本当に嬉しかったのでしょう。

「この日のことは忘れないよ!サプライズをされるなんて思いもしなくてとてもびっくりした。めったに泣くことなんてないのに泣いちゃったよ。この仕事をやっていて本当に良かったって感じるね。」

バットンさんが、学校中から愛されていることがよくわかりますね。

日頃一生懸命仕事に向き合っているバットンさんだから、

体験できたことですね。

バットンさんは、これからも学校中を綺麗にしてくれるでしょう。

そして、子供たちに笑顔を向けるのでしょう。

子供たちも、先生もそのバットンさんの笑顔に明るく応えることでしょう。

ここにはいじめも校内暴力も全く存在しないようです。

信頼関係を築くのは一朝一夕で出来るものではありません。

バットンさんのように日頃の努力の積み重ねなのですね。