泣ける

警察官たちが殉職した同僚の娘の叔父さんとなり、学校へエスコートする様子に感動!

アメリカで殉職した警官のニュースを、

よく耳にする気がします。

銃社会を取り締まるアメリカの警察官の仕事は、

大変過酷なものだと思います。

また殉職した警官の残された家族は、

その喪失感をどのように埋めていくのだろうかと思います。

jose3

とりわけ幼い子供にとっては、

精神的ダメージは計り知れないでしょう。

今回は殉職した警察官の末娘を勇気づけるためにとった、

同僚警官たちのお話です。

殉職

アメリカはカリフォルニア州の警官、

ホセ“ギル”ヴェガさんは65歳で、

勤続35年のベテラン警官でした。

jose2

ヴェガさんには8人の子供がいて、

2016年12月には退職が決まっていましたが、

残念なことに10月にヴェガさんは殉職してしまいました。

ヴェガさんが亡くなってから数週間後のある朝、

ヴェガさんの家の前にたくさんの警官が集まりました。



学校へエスコート

実はその日、

亡くなったヴェガさんの8歳の末娘のヴァネッサちゃんが、

ヴェガさんが亡くなってから初めて登校する日だったのです。

朝、ヴェガさんの家の前に集まった警官たちは、

ヴァネッサちゃんを学校までエスコートするために集まっていたのです。

玄関のドアを開けた瞬間は、

驚いていたヴァネッサちゃんでしたが、

学校までエスコートしてくれた警官たちの一人一人と、

ハグをして感謝を表しています。

警察官たちの思い

警察官たちは、

ヴァネッサちゃんが少しでも癒されることを願っている、

と語っています。

また父親が恋しいと思う時には、

彼らを思い出して欲しいと言います。

動画の中で警官が、

自分たちのことをヴァネッサちゃんの叔父さんだ、

と語る姿から彼らの温かい思いやりが伺えます。

jose1

玄関を出たヴァネッサちゃんが、

最初は戸惑いながらもとても嬉しそうなのが印象的でした。

きっとこの日に登校するのは、

ヴァネッサちゃんとってとても気の重いものだったでしょう。

しかし、

この思いがけない亡き父の同僚警官たちの学校へのエスコートは、

ヴァネッサちゃんに勇気をあたえてくれたことでしょう。