びっくり

使用済みのタイヤで作られたライオンの迫力が凄まじすぎると話題に・・・

突然ですが、

皆さんはタイヤを車などの乗り物以外で、

使ったことがありますか?

おそらく多くの人は、

タイヤを車などの乗り物以外で使ったことがないでしょうし、

考えもしないことだと思います。

ですがなんと、

タイヤを使って作られたライオンが、

大阪にて展示されました。

そのライオンは、

普段のタイヤからは予想もできない迫力があるそうです。

タイヤで作られたライオン

韓国人アーティストのYong-Ho-Jiさんが手がけたこの作品は、

大阪市北区で行われたイベント

「水都大阪フェス2016」

で展示されて話題となりました。

このライオンは全長約3.5メートル、

高さ約1.4メートルで重さは約300キロあります。


使用済みタイヤで作られたとは、

到底思えないような迫力とクオリティですね。

特にたてがみのフサフサ感がかなりリアルで、

思わず撫でたくなってしまいます。



様々な角度から

ライオンのたてがみなどの顔まわりも、

なかなかリアルで圧倒的クオリティでしたが、

後ろ姿も負けていませんね。

このなんとも力強い後ろ足と尻尾がカッコいいです。


後ろ足もなかなか力強く見えましたが、

前足はさらに力強く見えますね。

この筋肉の感じもリアルというより、

本物以上に強そうに見えてきます。


今度は、真正面からのライオンの顔アップです。

ライオンの恐ろしさが前面にでていて、

なんだか見ていると食べられてしまいそうでなかなか怖いですね。

昼間に撮影されたライオンもなかなか迫力があって凄かったですが、

ライトアップされたライオンもなかなか良いですね。

なんだかオシャレにカッコよく見えます。

他の動物も!

Yong-Ho-Jiさんの作品は、

ライオンの他にも様々な物があります。

こちらの写真は2007年に制作された雄牛だそうで、

角などは凄い丁寧な作りですよね。

taiya6

続いては2010年に制作しれた水牛です。

今にも走り出してきそうな躍動感と迫力が凄まじい作品です。

taiya7

こんなのを見たらビックリしてしまいますね。

最後は2011年に制作されたジャガーです。

taiya8

やっぱりYong-Ho-Jiさんの作品はどれも迫力があります。

これからもYong-Ho-Jiさんには作品作りを頑張ってもらいたいですね。