びっくり

バイクが廃車になり、奥さんに渡されたヘソクリと誓約書の内容とは?

バイク廃車

長年愛用していたバイクが壊れてしまい、

買い換えることになった「もひかん(@mohikan1974)」さん。

10年間通勤用で乗っていたバイクには、

かなり思い入れがあったそうです。

しかし自分で修理することもできない状況で、

泣く泣く手放すことになってしまいました。

バイクを買い換えなければと思っていると、

奥様がある行動にでました。


バイクを処分してしまえば、通勤も大変になりますね。

そんな時もひかんさんの奥様が、

タンスの奥からあるものを出してきたのです。

それは、奥様がコツコツと貯めていたヘソクリ。

一生懸命貯めていたお金を、

「我が家の全財産です。これで新しい単車を買って明日からも出勤してください」

と言ってもひかんさんに手渡したのです。



ヘソクリと誓約書

奥様がもひかんさんに手渡したのは、

ヘソクリだけではありません。

1枚の紙も一緒に手渡したのです。

奥様からの、6つのお願いがそこには書かれていました。

お小遣いの減額やトイレは座ってする、

新しいバイクは改造せずに大切に乗るなど、

家庭でのお願い事が5つ。


そして最後の6つ目は、

「たまには後ろに乗せて」というもの。

本当に素敵な夫婦ですね。

ぜひ新しいバイクを買ったら奥さんを後ろに乗せて、

ちょっとした日帰り旅行でもしてきて欲しいですね。