びっくり

東京藝術大学の学生が「ゴマ」で作った『ヘビ』が凄まじい!😲

あの食べるゴマで、ヘビを作った人がいます。

常人ではやろうともしないであろうことをやってのけたのが、

東京藝術大学の学生です。

一見普通のヘビの作り物のように見えますが、

それが全部ゴマで作ったものなのです。

goma1

荒々しくうねるヘビ。

皮膚の表面の模様も忠実に再現されています。

とてもゴマには見えないですね。

ゴマで作ったヘビ

少しズームしてみると、

確かにひとつひとつがゴマの集まりでした。

丁寧にゴマが一粒ずつ貼り付けられています。

製作にあたって、まずは大量のゴマを色別に分けていく作業が必要です。

この作業だけでも気が遠くなりそうですね。

goma3

その後ホースで原型を作り、

粘土を上からつけてゴマを貼っていったのだそうです。

作者は「さとま(@siosanagi0106)」さんという方です。

課題で作ったこの作品は2週間もの制作時間を要したそうで、

テーマは『きもい』とのこと。

東京藝術大学とは、なんとすごいところなのでしょう。



美しいイラスト

ゴマでヘビを作るという、

奇才あふれる作品には本当に驚かされますね。

さとまさんは他に美しいイラストも描いています。

goma4goma5goma6goma7

ただただ凄いとしか言い様がありません。

それにイラストは、色使いがとてもきれいです。

あまりにもリアルなヘビと、

美しいイラストが対照的な作品でしたね。