わんちゃん

ドッグレースで記録更新間近だったワンちゃんが突如起こした珍事件(笑)

ドッグレース

 今回ご紹介するのは、アジリティー(障害物競走)に挑戦する1匹のワンちゃんとその飼い主さん。広い会場には様々な形の障害物が並びます。

 大小様々ですが、飛び越えるタイプのハードルが多めのコース。飼い主さんとワンちゃんの息をピッタリ合わせないとクリアするのも難しいそうです。

 飼い主さんとワンちゃんのタイミングでスタートしたペア。ワンちゃんの先を行きタイミングを合わせ指示を出す飼い主さんと、迷いのない力強い走りを見せるワンちゃん。

 勇ましく障害物をクリアしていくワンちゃんですが、途中で思いがけないことが起こります。一体何が起きたのでしょうか?気になる方は動画をご覧ください。



まさかの珍事件

 その軽快なコースクリアの姿に、誰しもが「これは新記録更新か…!?」と期待を寄せました。ほとんどのコースが終わり、いよいよ終盤という時です。

 今まで軽快な走りを見せていたワンちゃんが急に立ち止まってしまいます。そして、みんなの前で公開ウン●をしてしまいましたね。

 もしかしたらスタートする前から、じわじわと便意が迫っていたのかもしれません。 (笑)今度はぜひ準備万端の状態でトライして欲しいですね!

 今回のドッグレースでは記録を残すことはできなかったワンちゃん。しかし、みんなの記憶には色濃く残ったことでしょう。