びっくり

台風の日に家族とはぐれて震えていたスズメを一晩だけ保護したら・・・

ある台風の日のことです。

男性は雨に濡れて震えているスズメを発見しました。

家族とはぐれてしまったのでしょうか?

スズメは男性が近づいても、

逃げようとはしませんでした。

suzume1

ただ不思議そうに、

その男性を見上げていました。

手を差し伸べると、

ちょこんと手の上に乗りました。

保護

男性は雨に打たれない場所にスズメを放してやり、

親鳥が迎えに来るのをじっと見ていました。

しかし、親鳥が迎えに来る様子はありませんでした。

さらにそこは猫が多い場所だったので、

そのままにしておくわけにも行かず、

男性は家に連れて帰って一晩だけ、

スズメを保護することにしました。

男性は連れ帰ったスズメの濡れた羽を、

優しく拭いてあげて乾かしたり、

ご飯をあげたりと献身的に世話しました。

すると翌日の朝、大変貴重な姿を見せてくれたのです。

スズメはその後、

男性が作った巣の上で熟睡してしまいました。

スズメの眠ったところを見たことがあるという方は、

なかなかいないのではないでしょうか?

こんな感じで眠るのですね。

確かに貴重な映像です。

スズメも可愛いですね。



鳥獣保護法

親身に世話をすると情が湧いてきてそしまいそうです。

しかしながら、

野生のスズメは飼うわけにはいきません。

その後目を覚まし、

元気になったスズメは外の世界に帰っていったそうです。

親鳥に会えるといいですね。

本来野鳥を家庭で飼うことは、

『鳥獣保護法』で禁止されています。

ウグイスやメジロも、

捕獲して家で飼ったりすると、

罰則がある場合もあります。

その反対にカラスや鳩を駆除したい時も、

自治体などに相談する必要があります。

男性は野生のスズメを保護したのは、

軽率だったかもしれないとしながらも、

あのままでは震えて死んでしまったかも知れない、

と思うと放っておけなかったと言っています。

優しい男性に出会えてスズメも良かったですね。