びっくり

「笑い×介護=笑顔」あるある探検隊でブレイクしたレギュラーの現在!

吉本興業東京本部に所属するお笑いコンビ、

レギュラーは、「あるある探検隊」というネタで、

一世を風靡していました。そんな中、

ツッコミ担当の西川晃啓さんとボケ担当の松本康太さんは、

2014年に「介護職員初任者研修」を修了し、

コンビそろって見事に資格を所得しました。

現在では「笑い×介護=笑顔」というのを合言葉に、

介護の現場に笑顔をもたらす

「お笑いの天使」として活躍されているそうです。

資格取得の報告

「介護職員初任者研修」とは介護を行う際に必要とされる、

基本知識と技術を習得する事を目的とした資格です。

高齢者や障がい者などの方々のために、

日常生活を援助する事を前提として在宅だけでなく、

養護老人ホームやデイサービスセンターなどの施設でも、

介護に従事できるのです。


誰でも受講できますが、

全課程終了後に筆記試験を受ける必要があります。

レギュラーのお2人はInstagramでその資格を取得できたと報告し、

最近では「レギュラーを通して介護の事を知ろう」

という講演会を開講しており、介護業界の改革を進めています。



あるある探検隊~楽しく頭の体操

今からご紹介するのは、

認知症予防のためにお2人が考え出した、

言わば「あるある探検隊」のアレンジバージョン。

後出しジャンケンで勝つという遊びをしながら、

時にボケを挟んだり皆さんを笑わせたりして、

とても楽しい現場になるのでしょう。


こんな風に、介護現場に笑顔を提供する事は、

素晴らしい試みだと思います。

大変でつらいイメージを持たれがちな介護業界に、

笑顔を与えるレギャラ―。

いつか介護者も要介護者も、

みんなが楽しく笑うような世界になると良いですね。