泣ける

この世を去った夫と写真を撮りたい妊娠中の女性!撮影結果に涙・・・

ミシシッピ州ジャクソン出身の、

ニコールさんとデオンタ・ベネットさん。

2人は仲の良い夫婦です。

ニコールさんが2人目の子供を妊娠した時に、

デオンタさんはあることを思いつきました。

ニコールさんのお腹が大きいうちに、

記念写真を撮ろうと思ったのです。

それでデオンタさんは、

プロのフォトグラファーに写真撮影を予約しました。

しかし出産予定日の2ヶ月前、

撮影日の数日前に、

デオンタさんはこの世を去ってしまったのです。

予約通りの写真撮影

家族は悲しみに暮れましたが、

ニコールさんは写真撮影をキャンセルしませんでした。

予定通り家族全員の写真を、

フォトグラファーに依頼したのです。

「どうやって?」と不思議に思うでしょう。

それが下の写真です。

deon1

フォトグラファーのシドニー・コンレーさんは、

夫婦が数年前に結婚した時に撮影した、

同じ公園で撮影しました。

そしてそこにデオンタさんの写真を、

合成して加えたのです。



夫と共に・・・

家族を見守るように見つめる、

デオンタさんの姿を加えました。

彼もきっとその場に居たかっただろうし、

今でもどこかで家族を見守ってだろう、

とシドニーさんはこの写真を作成したわけを話してくれました。

deon2

何か特別なものを残したかった、

息子にも父を知らずに育つ娘にも、

思い出になるようなものが欲しかった、

とニコールさんはこの写真を撮った理由について話しています。

フォトグラファーのウェブサイトに公開されたこの写真は、

10万回以上シェアされました。

deon3

突然訪れた最愛の人の死。

しかしその悲しみを乗り越えて、

これから来るであろう様々な困難に、

打ち勝っていかなければなりません。

そんな時、この写真はデオンタさんが見守ってくれているのだ、

という家族の心の支えになることでしょう。