猫ちゃん

高校生になってから娘が非行に走るようになった理由に父親は涙・・・

男性は娘さんが5歳の時、

病気で妻を亡くしました。

男手一つで育て上げた娘さんは、

父親の愛情を一身に受けてすくすくと成長していきます。

普通なら父親嫌いに拍車がかかる年頃の高校生になっても、

男性の娘さんはお父さんの事が大好きなままでした。

お父さんっ子だった娘ですが、

高校1年生になったある日を境に変わってしまいます。

突然の反抗期

男性の娘さんは学校が終われば寄り道せず、

真っすぐ帰宅するような子でした。

しかし、ある日突然帰宅が遅くなりだしたのです。

男性は娘の変化に気づきますが、

友人宅に寄り道しているのだろうと、

気にも留めていませんでした。

不規則な帰宅は続きます。

さすがに心配になり、尋ねました。

「最近帰りが遅いけど、何をしているんだ?」

娘さんは目尻を吊り上げて

「お父さんには関係ないでしょ!」と怒り、

理由を教えてくれません。

反抗的な態度に「これが反抗期か」と納得します。

しかし親心として、

帰宅が遅い理由は気になります。

不埒者に惑わされているのではないだろうか、

などと心配でたまりません。

問い詰めると、

娘さんは怒って家を飛び出してしまいました。

時刻は夜9時。

男性は悩みました。

怒って出て行った娘さんを無理に連れ戻しに行っても、

火に油を注ぐだけではないかと。

考えた末、

男性は娘の後をこっそりついていくことに決めました。



予想外の光景

通行人に警戒されないように電話する振りをしながら、

暗がりに消えた娘さんを追いかけます。

到着したのは近所の公園。

娘さんは公園のベンチに腰を下ろしています。

しばらくすると、

娘さんの座るベンチに一人の少女がやってきました。

娘さんと親し気に話しはじめた少女は金髪。

男性の目にはいかにも非行に走っている風に映りました。

「娘は非行少女になったのか?」

愕然とする男性をよそに、

娘さん達は公園の隅へ場所を移動。

すると、足を止めた場所には小さな段ボールが。

2人が段ボール蓋を開けると、

中から2匹の子猫が現れました。

娘さんの帰宅時間が不規則になってしまっていた理由は、

この子猫達の世話をしていたからだったのです。

健気に子猫の世話をする優しい娘の姿に、

男性は涙ぐんでしまいます。

先に帰宅した男性は、

何事もなかったかのように夕飯の準備に取り掛かりました。

そうしているうちに娘さんが帰宅。

その両腕には子猫が抱きしめられていました。

「お父さん、ごめん。実はこの子たちを飼いたくて…」

男性は自分で責任をもって世話することを条件に飼育を許可。

それから1年。

男性は今、娘と2匹の子猫と共に幸せな生活を送っています。