びっくり

母が夕飯に作った真っ黒焦げのパン→その時父親がとった行動とは?

家族で食卓を囲むというその光景は、

基本的に温かいものですが、

その場が凍り付いてしまうようなハプニングが起こるのもまた、

家庭の光景というものです。

これは、とある男性が少年の頃に体験した物語。

いつもは温かい家族だんらんの食卓ですが、

その日は少し違いました。

それゆえにその記憶は、

男性の脳裏から離れなかったのです。

黒焦げのトースト

その日男性の母親は、

いつも通りキッチンで夕食を作っていました。

仕事から帰った男性の父親は、

いつも以上に疲れた様子でクタクタでした。

夕食のメニューはシチュー、そしてトースト。

ここまではいつも通りの普通の食卓。

しかし少年は、

目の前に出されたトーストを見て息を呑んだのです。

出てきたのはお世辞にも美味しそうとは言えない、

黒焦げのトーストだったのです。

少年はなんと言って良いのかわからず、

父親の言葉を待ちました。



父の行動

疲れ切った父親がどうするのか、

少年は不安に思いビクビクしていました。

しかし父親は何も言わず、

そっと黒焦げのトーストを手に取ると、

バターを塗って食べ始めたのでした。

そして何事もなかったんかのように、

器にたっぷり入ったシチューを口にしながら、

「今日の学校はどうだった?」

「宿題は終わったか?」

などと話してきたのです。

母親はなにも言わない父親に罪悪感を感じたのか、

「ごめんなさい、ごめんなさい」

と謝り出しました。

すると父親はこう言ったのです。

「何を言ってるんだい、ハニー。これはちょうど僕の好きな焼き加減さ」

そしてにっこりとほほ笑みました。

父の言葉

その後、

父親がおやすみのキスをしに少年の部屋を訪れた時、

少年は父親に疑問をぶつけました。

「パパ。パパはあんなに焦げたトーストが好きなの?」

それを聞くと、

お父さんは少年をそっと抱きしめて言いました。

「いいかい?ママは今日とっても疲れてるんだ毎日こんな失敗をするわけじゃないだろう?たまにはパンが焦げることだってある。それに、少しくらい焦げたパンを食べても、何も悪いことはないのさ。わるいのは、間違った時に、間違った事を口にしてしまうことだ」

父親は、更にぎゅっと少年を抱きしめて続けます。

「これからの人生、思い通りにいかないことがたくさんあるだろう。でもね、人間は完璧な生き物じゃない。例えばパパだって、約束を忘れてしまったり、結婚記念日を忘れてしまうことだってある。でも、時間が経つにつれて人は周りの失敗・間違いを許せるようになるのさ。その失敗さえも愛おしいと思えるくらいにね。これが2人の関係が長く幸せに続く、その秘訣さ。人生は後悔に時間を割くほど長くはない。だからこそ、ただ単純に、自分を大切にしてくれる人をちゃんと愛せばいいんだよ」

大人になった少年は、

今ならお父さんがその時に伝えようとしていたことが、

わかると言います。

身近な人の間違いや失敗を、

受け入れるだけではなくそれすら愛おしく思い、

包み込める心の広さを持てたら、

それはとても素敵な事ではないでしょうか?