びっくり

世界選手権への出場を逃した浅田真央に先輩の村主章枝が送ったメッセージ!

苦境の浅田真央

2016年12月25日に行われた、

フィギュアスケート全日本選手権最終日。

女子フリーで浅田真央さんは、

合計174.42点で自己ワーストとなる12位で全日本選手権を終え、

世界選手権代表の座を逃してしまいました。

彼女が表彰台を逃したのは13年ぶりで、

目標としていた2018年の平昌五輪出場も厳しい状況となりました。

そんな彼女に対し、

元フィギュアスケート選手の村主章枝さんが、

Twitterでメッセージを送りました。



村主章枝のメッセージ

以前に自分の経験から、浅田さんに現役引退を勧めたそうです。

2006年以降、納得の行かない演技をすることが増え、

村主さん自身つらい思いをしていたそうです。

しかし、そのことを後悔していないとのこと。


好きなことをしているということが、

村主選手を支えていたそうです。

村主さん自身が体験した苦悩を伝えてもなお、

浅田さんは復帰を望んだのですね。

同じような経験をしてた村主さんのメッセージは、

浅田さんの心に強く響いたことでしょう。